俺、ただ恋愛だけが欲しいじゃんか! 〜 神様からチートスキルを入手して、異世界最強とハーレム生活を

三川 正人

プロローグ ー 告白失敗

「君のことが好きで、付き合ってください!愛野さん」

 やっと告白しまった。学校の屋上で愛野さんに告白してた。

 以前から、彼女が好き。

 ラブレターを手にして、愛野さんが受け入れてほしいか。

 そうして、彼女は俺の手からラブレターを持って行った。
 まさか、愛野さんが同意するのか、俺の告白は?

 頭を上げた。

 結果―――彼女は読みもせずにラブレターを引き裂いてしまった。

 なに!?

「ちょっと、愛野さん。い、今何していたんだの?」
「あんた見なかったか?ラブレター引き裂いていたことは」
「あの意味じゃない。どうしてラブレター引き裂くんだったの?!」

 この時、愛野さんは鼻であしらう笑い声を出す。
 そして言う。

「あたし、あんたを断る三つの理由話すこと出来る。一、あんたエロか、時々にエロ本を読んで、それに変態な笑い声を出して、超きもいー。二、成績も体育も優秀だけど、あたしのタイプじゃないし。そして三、あんたと付き合うということは、今まで全然考えたことがない」

 愛野さんが言った理由は、俺の心を深々に打撃した。

「そんな……」

 彼女に完膚なきまでに言われた。
 俺の気持ちはまるで谷底に落ちた。

「なら、さようなら」

 どうやら、俺はまた振られたんだ。
 これは俺32回目の告白失敗だった。

 恋愛はそんなに難しいか?

 ―――俺はただ恋愛だけが欲しいか!

俺、ただ恋愛だけが欲しいじゃんか! 〜 神様からチートスキルを入手して、異世界最強とハーレム生活を

俺、ただ恋愛だけが欲しいじゃんか! 〜 神様からチートスキルを入手して、異世界最強とハーレム生活を

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青年向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted