終焉と黎明の星王 舞台設定2

陽花

ハルモニア

物語の舞台。遥か昔、神の一柱である神竜『アイ』がその体を海に横たわらせたことによりできたとされている大陸。
大地には生命の創造神『リーン』と『リディア』が眠っていると言われ、人々は二柱を信仰する『イル教』の教えの下で暮らしている。

かつてユスティーア王国からアーシェス王国が独立し、さらにそこからムーヌ公国が分離している。
三勢力は覇権を争い、長い間戦争を繰り返しているが、それにより一応は均衡が保たれている。

全体的に温暖で豊かな大地であり、北国であるアーシェス王国でも雪が降ることはない。
大きな戦乱が起こる度に、大雪が降り戦火を鎮めているという伝説があるが、雪の記憶・知識がある者は一部の長く生きたイル・ディオスと、歴代のユスティーア王国の王、そして楽士アイだけである。

ユスティーア王国

大陸の南半分を支配する、三国では最も長い千年もの歴史を持つ国家。

地上のマナを総括する大樹『ドリュアス』や、神獣『グリフォン』が存在する。貴族制度など、ハルモニアにおける様々な制度の発祥の地。初代国王『ユスティーア』により建国され、かつてはハルモニア全土を統一していた。

音楽と魔法の国であり、ハルモニアの魔法体系の基盤はユスティーア王国によって作られた。
歴代の王は魔法により記憶の継承を行なっており、国王は建国してから千年もの間、体を変えながら同じ記憶を保っていることになる。

現在の国王は『レライエ・ユスティーア・ノックス』

アーシェス王国

比較的寒冷な北の大地を、主にイル・リディアたちが治めている国家。
約五百年前にユスティーア王国からの分離と独立を望んだイル・リディアの勇者『マオ・アーシェス』が、時のユスティーア王国の国王を討ち取り建国に至った。とアーシェス王国内ではされている。ユスティーア王国内では、自国が勝った上でアーシェス王国の独立を認めたとされている。

その経緯から力を重んじる風潮が強く、マオの血族である王家の人間にも強さが求められる。代々の王は即位したその時からマオの名を名乗り、それまでの名は親族や腹心など近い存在のみ呼ぶことを許される。

現在の国王は『マオ・アーシェス』。真名は『マティル・アーシェス』

ムーヌ公国

大陸の西に位置し、王ではなく公をトップに戴く貴族たちの国。
百年前にアーシェス王国の内乱より分かたれた、新しい共同体。現在の君主はクレール家であり、他にもベアトリクス家やダルシアク家など、複数の貴族が円卓にて会議を行い、君主を決めている。

現君主のクレール家がユスティーア王国にもアーシェス王国にも味方をしないという選択を取ったため、公国内でのまとまりは悪くなっている。

現在、次期君主選別の会議中であり、クレール家の養子『セオドリカ』が最も有力な君主候補。

終焉と黎明の星王 舞台設定2

終焉と黎明の星王 舞台設定2

二次創作オリジナルファイアーエムブレム 終焉と黎明の星王 舞台設定その2

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2020-10-03

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work
  1. ハルモニア
  2. ユスティーア王国
  3. アーシェス王国
  4. ムーヌ公国