安定の君

しあわせ

どうしても…

どうしても…

心の中で消し去る事が出来ない君の笑顔
ただただその笑顔が見たくって
喜んだ笑顔が見たくって
笑顔と言う名の安らぎが欲しくって

欲望ではない
本能的に涌き出る気持ちの雫は
流れ落ちる前に枯れ果ててしまったのかもしれない

枯渇した気持ちの変わりに
想い続ける選択をした本当の気持ちは
いつまでも変わらない

枯渇したと思い込む事で気持ちに嘘をつく
あの時に見た君の瞳
ちょっとぶっきらぼうな口調
君から発する心地好い匂い
脳裏に焼き付く無邪気に振る舞うしぐさ

すうっと吸い込む独りだけの空気は
無色透明で何の変哲もない
ただ寂しさと切なさが雫となって
目から流れ落ちるだけ

どうしても…忘れられない
どうしたら…忘れられる?
どうしたら…また逢えるの?
どうしたら…
…どうしようもないんだね…
だって君はもう…

安定の君

安定の君

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 成人向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted