白日夢バージョン1️⃣

草也

白日夢バージョン1️⃣



 事実は小説より極めて怪異なり。この小編は作り事では、決して一切ない。すべて、現実に起きた事実である。
 昨今は、発禁本などをはるかに凌ぐ私小説が巷にごまんと溢れていて、それは近年しきりだ。自己愛と私欲、私憤と私怨ばかりの洪水だ。利自が全てではないか。この自己中心の極限にまで到ってしまったこの国には、もはや身を研ぐ様な公憤はないのか。
 だから、私ごときが敢えて為す卑小な綺談などは、差し詰め、浅ましい稚戯に違いない。



-曰子エツコ-

 あるところに、草一郎と曰子エツコという一つ違いの義理の兄妹がいた。
 再婚同士の両親が教職で共稼ぎだから、必定、しばしば二人きりになる。
 一九六×年の盛夏。高校二年の男と、一年の女の二人が夏休みの、酷い暑さの上に異様に蒸すけだるい昼下がりだ。風もない。

 ぼんやりとテレビがついている。高校野球だがたいして好カードではない。
 自堕落な午睡の寝起きに違いない曰子が、厚い唇を紅い舌で濡らして、アイスキャンディを嘗め始めた。

 その時、極彩色の蝶が二羽、交接した塊で飛び込んできて、怪しげに危うげに融合して鱗粉を振り撒き始めた。真昼の交尾は二人の頭上をこれ見よがしに迷いひらめいていたが、ひとしきりの果てに、炎天に揺らぐ庭に陽炎の如くに吸い込まれてしまった。その情景はほんの僅かだったのに違いないのだが、男の視線も女のまばたきも、艶かしい性戯の詐術に幻惑されてしまっていたのである。


-看板-

 湿った沈黙を破って、「白日夢って、なに?」と、聞くともなしに曰子が呟いた。
 その頃、武知某監督の『白日夢の女』という話題の映画が封切られ、狭い街中に主演女優の半裸を据えた、いかにも猥褻な看板が何本か立っていた。性や御門制の禁忌に限界を越えて挑戦したとの謳い文句や、主演に突然抜擢された名もない女優の体当たりの演技で、映画の中で本当に性交をしたのだなどという戯れ言が話題になっていた。相手役の助演の男優がこの県の出身だったからか、なおさら噂に尾ひれがついた。
 男の視界の端に浮かぶ曰子は、赤に着色されたアイスキャンディを男性器に見立ててなぶる態で、草一郎は曰子の性器はその唇と似た形状に違いないと妄想している。
 女の瞳はねっとり湿って小鼻には細かい汗が浮いている、野生に放たれた数本のほつれ毛がうなじに張り付いていた。
 そして、薄いシャツの下で、もはや完熟し始めた雌の乳房が鬱鬱と脈打っているのだ。ブラジャーをしていないから、乳首は堂々とその在りかを主張している。


-蟻-

 「あんな嫌らしい看板を街中に立ててて、いいの?」今度の問いは明らかに草一郎に放たれた。男は答えずにテレビを眺めたままだ。
 すると、曰子がテーブルの上に豊満な身体を腹這いに投げ出し、腕を伸ばしてその先のテレビのチャンネルを回し始めた。青い半袖のシャツから濡れた漆黒の猥雑な腋毛が覗いた。淫蕩な姿態だ。テーブルの角に股間が当たっている。むしろ、わざと擦り付けている風情に見える。薄いスカートに包まれていても、はち切れんばかりの芳紀な肉の存在を隠しきれない。
 すると、スカートがゆるゆるとまくれて、太股の裏側が露になった。
 そこで黒子が動いているのだ。その奇異な情景に、男が矢庭に目を尖らすと、真実は女の桃色の肉の表面を一匹の蟻がゆるゆると這っているのだった。その微細な獣はスカートの奥の恥境に這い登って行く気配なのである。
 すると、その太股の肉の面に一本の陰毛が貼り付いているではないか。男の視力は極めて乱調してしまった。そして、爛熟した臀部が蜃気楼の様に揺らぐから、次には軽い目眩が男を襲った。
 曰子の妖しい呻き声すら内耳に響く気さえする。いったい、このあからさまで、匂い立つ挑発の有り様は何なんだ。もはや、この女は既に前戯の愉悦に浸っているのではないか。これこそ白日夢そのものだ。
 もし、男が妖しい誘惑に触発されたまま衝動の行為に及べば、曰子は許容するのか。抗われたらどう抗弁するんだ。母親に告げ口でもされたら破滅ではないか。
 血の繋がらないこの義理の妹とは、幼い頃から、度々、男女の因縁を重ねてきたが、女の今日のこの態度はただ事ではない。狂った陽気や蝶の乱舞に誘発されて、いよいよ決着をつけたい気分なのか。それならばなおのこと、慎重を期さなければならない。そもそも、本性が斑気な女なのだ。いつ気分が移ろうものか、知れたものではない。男の自問が堂々巡りをするのであった。


-煙草-

 曰子がその淫奔な姿勢のまま、今度は男の視線をねっとり絡め取って催促する。「ねえ?白日夢って何なの?」
 「本当に知りたいのか?」念を押すと、男の言葉を舐め回す様に薄く口を開けて朱い舌を覗かせて頷き、「映画を観たの?」と、覗く。曖昧に頷くと、「どんな映画なの?」と、テレビを消して、ようやく、野放図に晒していた身体を起こして、「教えて?」と、言った。
 しかし、男はその映画を本当には観ていないのであった。曰子と同じ様に友人達の話を聞きかじっていただけなのである。

 相変わらず小さな扇風機が緩慢に音をたてて、風にもならない風を創っている。男は曰子のこの瞬間の心底と気分を試そうと思った。
 女の足音を聞いて隠しておいた灰皿を取り出して、煙草に火を点けた。曰子は何も言わない。
 「前から知ってたもの」「言い付けないのか?」「どうして?私、あんな人達とは関係ないもの」

 この怠惰な昼下がりに、曰子は若いと言うだけの凶器で世界を切り裂き、自分が主人の天界に縫合し直そうとしているのだ。その戯れの道連れに草一郎を指名したのだ。 そもそも、この女のおどろおどろしい名前は何なのだ。随分の後に男はその由来を知った。 ヒトラーに心酔した実の父親が、この国の国名そのものを命名して、世界戦争の勝利を祈念したのだという。女は産まれながらにして呪詛されているに違いないのだ。
 だが、劣情の的にされた男は、これ幸いに、媚毒をたっぷり塗った言葉で女を淫楽に酔わせてから存分に蹂躙しようと企てている。
 性は往往にして無謀なものだ。若さもそうだ。この二つが重なったこの日の昼下がりの独善は、自分一人が住人の世界に獲物を引きずり込もうとするのだ。互いが獲物の、その確執と相克のゲームが、今、始まろうとしていたのだった。


-午睡-

 汗を拭った草一郎が話し始めた。「白日夢っていうのは、夜に夢でしかみられない様な淫らな事を昼に実際にやる事だ。昼日中にやる厭らしい事。それが白日夢だ。昼間みる淫乱な夢だから白日夢だ。あの映画は戦争を批判して、性と御門制の禁忌に挑戦したと話題になっているが、大半は真っ昼間から厭らしいことをする映画だ」「厭らしい事って?」「交接だ」「…交接、って?」「知らないのか?」

 この時の曰子は、身体の深奥に粘着した法悦の残滓の冥界を、未だにさまよっているのだった。つい先程迄の午睡の最中に自慰をして悦楽を得たばかりだったから、論理や理性で制御しようにも混沌は鎮まらない。ましてや、狂った如くのこの暑さなのである。

 それは、いつもに勝って妖しい性夢だった。
 母親に瓜二つの淫豊な肉体になってしまった真裸の曰子は女王なのである。 大陸の広大な庭園の一角で、黄金色の満月に照らされて、大池の温泉に入っている。白濁した、得も言われぬ香りの湯泉だ。百薬に勝り不老の言い伝えがある潤沢な湯が、この国随一の曰子の肌にまとわりつき、膣の奥まで染みてくる。桃源だ。
 ふと見ると、大池の縁で真裸の若者が自慰をしている。桃色の陰茎が大池に射精して立ち去ると、次の若者が現れて再び巨根から射精するのだ。そして、男達の群れが延々と続いているのである。
 この白濁の湯は無数の男達の精液なのだった。それに気付いた曰子は、同時に、自身に額ずく召し使いの女達の中に、老女と化した母親を見つけた。その女のけたたましい嘲笑を浴びながら、曰子は陶酔の極みに至って泣き叫びながら失神してしまった。
 意識が戻ると、今度は曰子は中学二年の過去になって眠っているのである。曰子はつい今しがたに見た夢で味わった快感に、再び気付いた。膣の奥が無性に熱いのだ。そして、生暖かい息を察知した。確かに、誰かがいるに違いないのだ。しかし、瞼が開かない。 膣が燃えている。火柱が挿入されているのだ。百科事典で見たあの陰茎だ。そして、曰子の瞼は再びの法悦の極みにようやく開いた。曰子に股がって挿入しているのは義理の兄の男だった。この男に処女を捧げたのかと疑いながらも、そんな筈はないと否定もして、やがて曰子は自らの嬌声の反響にまみれて、このふしだらな痴戯が夢なのか現実なのか、全く判らなくなってしまうのだ。そして、また悶絶した。
 再び目覚めると、つい先程と変わらぬ夏の午後だった。幾らも眠ってはいない。
 曰子は同じような夢を、やはり中学二年の夏にみた事があると思った。そしてそれ以来、現実以上に感覚のある夢があるのだと確信している。


-削除-

 今、曰子はその火照りの名残でその義兄との淫行に及ぼうとしているのである。義兄には決して悟られたり原質を取られてはならないゲームなのだ。曰子は無垢の処女なのだから、そうしたら、曰子の敗けなのだ。

 「他にはどんなシーンがあるの?」
 「男と義母のシーンだ。二人は前から関係していたが、父親に気付かれそうになって。邪魔になったから戦争のどさくさに紛れて殺してしまうんだ」「どんな風に?」「母が父を誘って久方ぶり同衾してる」「やっぱり女優と男優がほんとにするの?」「そうだ。父親は忍んで来た男が殴り殺すんだ」「母親は幾つなの?」「四〇位かな?」「その女優って、やっぱりグラマーなの」「そうだ。お前の母親にそっくりだ」
 「どうしたの?」「暑くないか?」「暑い。喉が乾いた」「アイスキャンディ?食べたくないか?」「食べたい」
 男がアイスキャンディを持って戻り、二人は舐め始めた。
 黄色く着色した氷の棒にわざとらしく舌を這わせながら、「話の続きをして?」と、曰子は、まるで淫奔な場面を演じる女優の風情だ。「どこまでだった?」「…母親が、舐めてる話…」

 確かに、草一郎はその映画の筋書きを話し続けたのである。五年前の筆者の草稿にも、微に入り細に渡り記述されているのである。筆者は、その節は、それが表現の自由の根幹だと信じていた。
 だが、古稀を過ぎた今となっては、それを再録する趣向もないし意義も覚えないのである。
 表現の自由は人民を抑圧する国家権力に向けて放たれる反撃であって、不条理な男女の営みを解剖する手法ではないのではないか。そのような不興は当該の二人に任せればよいばかりなのである。


-蜘蛛-

 突然、曰子は組んだ両の腕の中に顔を埋めてしまった。テーブルに屈っ伏して動かない。男の呼び掛けにも応えない。しかし、女の隠そうとする意思を表すのか、乳房が激しく波打っている。女の顔は男と同じく汗に洗われている。そして、吐息は桃の香りをふんだんに放って熱い。そのたぎる息吹に、男は乱脈な息を吹き掛ける。女は微動もしない。

 草一郎が曰子の背後に回り込み、両の乳房を鷲掴みにして、熱くて湿った女の肉体を抱き抱えて、横たえた。
 草一郎が扇風機の風を当てた。曰子は節々で小さく呻いたりしながら、なされるままだ。もはや、発情してしまった曰子の身体は噴流する情欲だけに支配されているに違いないのだ。
 喉の乾きを妖しく訴える仕草を察して、草一郎が水を含ませた。すると、曰子の弛緩した唇から溢れ出た水が、すぐさま、シャツに染み通り、乳首の形状までをすっかり明らかにしてしまった。そして、茫茫と漂う女の意識の遠くから、声が、だんだんと近づいてくる。「誰かが帰ってきたらどうするんだ?」男の声だ。曰子はうわごとの様に答えを漏らす。
 「聞いてなかったの?」「何を?」「二人は今日は泊まりよ」「なぜ?」「隣県の親戚の通夜だって。帰るのは明日の夕方よ」途切れ途切れだが、事も無げに呟く女は、母の伝言を故意に伝えていなかったのだ。すべてを承知の上で、真昼の漆黒に、曰子は蜘蛛の糸を張り巡らしていたのだ。そして、男もこの一言で一切の警戒から解き放たれた。女と二人きりの長い密閉の時間が与えられたのだ。突如、僥倖が降ってきたのだ。今こそ、この女を翻弄できるのだ。たちまち、血流が騒ぎたって狂暴に隆起しようとしている。
 女は網を張っているつもりだろうが、そこは男の檻の中に過ぎないのである。女が過程に重きを置いているばかりなのに、男には結果が総てだからである。だが、二人の行き先は同じで、二人とも獰猛な青い性の亡者なのであった。


-終-

白日夢バージョン1️⃣

白日夢バージョン1️⃣

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-16

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted