魔法

渡逢 遥

ひとえに じぶんが

守ってきたと 愛してきたと

信じて疑わないものに

侮蔑され 疎外され 嘲笑される気分は一体

一体 どれほどの虚脱であろうか

どれほどの虚脱であったらば

わたしは二度と 盲にならずに済むのだろうか

どれほどの罵倒であったらば

わたしはもう一度 わたしをやり直せるのだろうか

魔法

魔法

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted