分岐する日常が太陽であり続ける限り、月は

暗号人形

翼を背負って、重い翼を背負って、(かせ)を引きずって、分身の果実を抱きながら溺れる。信念は固定されずに、ただ愛嬌を増幅させるだけの日々が連なって。スクリーンへの侵入、木の幽霊の脅威を映した(のち)、歌の避難を目的とした、おなじみの。火を囲んで論争し、昆虫を好み、即席の若人を飲む……。分岐する日常が太陽であり続ける限り、月は子供の心の幸福を読む寒さとなる。クレッシェンドで歌っているならばその笑顔は冷たく、乾いた生活。



月害が過ぎ去ると彼らは埋められた。危険を処理して、入口を避けて、言葉を捨てて、身辺を整理して、目を乾かして……そうあるものは全て扇子の頬として。澄んだ空を持たないリズムが生まれて、美しさがゆっくりと閉じる……。

分岐する日常が太陽であり続ける限り、月は

分岐する日常が太陽であり続ける限り、月は

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted