異聞カムイの儚1️⃣

草也

異聞 カムイの儚1️⃣


-和市郎-

 敗戦間もない首府の闇市で、トキと和市郎はふとした機会で出会った。トキは四〇である。
 和市郎はシラオイアイヌの出で海軍中尉にまで上り詰めた異端で、この時、三〇歳。あの渋谷の任侠、青柳の舎弟分となっていた。
 稀に見る秀才だったが極貧の母子家庭に育った和市朗は、生地のある退役軍人の援助で、一五で陸軍少年兵学校に入学。陸軍大学を卒業すると大陸の戦線に赴任して、国の諜報組織の『コダマ機関』と内通した。敗戦の直前に、コダマ機関が隠匿していた二億相当のダイヤをくすねて、民よりも早く一目散に逃げ帰ったのである。
 青柳と出会った和市郎は、既に母も退役軍人の恩人も逝去していたから帰省する理由もなく故郷を捨てた。 和市朗と北大の研究者、アイヌのあの青子(『異人の儚』で伊達の愛人)は同郷で幼馴染みである。

 トキと出会った和市郎はその夜のうちにトキの家に同衾した。和市朗は青柳の元で不動産業に辣腕を発揮して、たちまちのうちに独立したのである。
 トキは表向きは小料理屋だが実質は売春宿を営んでいて和市郎を助けたが、やがて和市郎が成功するとある謎の女に譲った。
 だが、和市郎は六年後に突然に死去した。車に跳ねられた事故死である。加害者は逮捕されたが微罪であった。コダマ機関が関与していたのではないかと疑った者がいた。青柳である。田山に通報した。
 トキには莫大な遺産が残された。そして、トキは和市郎の生前から、草也が通う昭和学園の理事長の有栖川との姦通を続けていたのであった。
 有栖川は皇族の末席に名を連ねる元華族である。戦争中は大本営参謀だった。


-黒幕-

 三年前の盛夏の待ち合い。
 ウィスキーをあおる廣山の股間を、熟しきった桃の様なトキがいとおしそうに弄んでいる。演技とも思えない痴態だ。湯を浴びたばかりの女の浴衣は乱れて、殆んど半裸に近い。豊かな尻が剥き出しなのは廣山の露悪な性向だ。女が顔をあげて濡れた唇を舐めた。「あの土地が本当にそんな値段で手に入るの?」「俺がそうさせるんだ」

 北の国の選挙区の総統候補、廣山大蔵大臣は反田山派で日本協議会の幹部である。日本協議会は初代草也を謀殺した尊皇右翼組織だ。
 廣山はマツカワ事件に関与していた。占領軍の秘密組織『WW』のスミス大尉や右翼のコダマは盟友だ。
 「凄い力なのね?」「改めて感服するわ」廣山は口移しでトキにウィスキーを含ませた。トキの口からこぼれた放埒な遊戯は豊かな胸元に流れた。
 トキは有栖川の依頼を受けて、廣山をまんまと籠絡したのであった。


-疑獄-

 草也が昭和学園の高校三年の初夏に、ある事件をきっかけに学園と有栖川理事長の不祥事が発覚したのである。

 府内のその国有地は、戦争中はあるガス会社の廃棄物備蓄施設だった。戦後に駐留軍に接収されたが、ある事情ですぐに国有化されて大蔵省が管理していた。
 廣山と有栖川が謀議してこの土地の払い下げを企んだのであった。目をつけたのが地下埋設物の撤去費用だった。
 一〇〇億の地価から廃棄物撤去費を九〇億として、一〇億で有栖川の学園に売却したのである。
 有栖川は通常の地価の一〇〇億で、『聖十字病院』に転売して、濡れ手に粟で九〇億の利益を得たのであった。
 新設されたこの『聖十字病院』は、豪腕でワンマンの小沼が理事長兼院長である。
 小沼は元陸軍細菌研究所副所長だったが駐留軍と取引して、細菌兵器の開発データを渡して無罪放免になっていた。
 この土地に地下三階地上一〇階の病院を建設したのである。 地下の埋設物は放置した。資金の調達は廣山が公営金融機関に話を通した。


-湖池-

 府知事選の演説会壇上に候補者の湖池と田山大蔵政務次官が同席していた。 前座で若い区議が応援演説をしていて、会場が沸き返っている。その情景には全く無頓着な二人が、視線は場内を見回しながら、声を潜めて平然と話し込んでいる。

 前府知事が収賄疑獄で失脚して、突如の府知事選になったのである。与党が割れて、いち早く反主流派の湖池が出馬を表明した。国有地払い下げ問題の再調査を公約の第一に掲げたから、府民は喝采し政界に激震が走った。背後には田山がいる。総統派からは益田、野党は鶏超が出馬していた。

 湖池ユリ子(コイケユリコ)は早くからその妖艶な美貌と辣腕で聞こえた前大蔵官僚である。大臣との艶聞が報じられたのも二度や三度ではない。四三歳。反総理派だが田山派にも一定の距離を保っている。女の湖池にとってはその方が政治的利益があるのだった。だが、廣山の女ではないかというと噂もあった。当然、廣山が支配する極右皇道団体の日本協議会のメンバーである。

 「その話、本当なの?」「間抜けな官僚が出世話に飛び付いて白状したんだから、間違いない」「凄い爆弾だわね?」「何せ、総統夫人の姦通だからな。それに政財界への浸透を画策しているある新興宗教が絡んでいる。あの国有地払い下げ疑惑をしのぐヒロシマ級の爆弾だな。あいつらの天下ももう終わりだ。この選挙も一挙に形勢逆転だ」「勝てるの?」「間違いない」「私は府知事になれるのね?」「俺に任せろ」「興奮するわ」「やりたくなったか?」「濡れてるもの」と、田山の耳元で、「見せたいわ」股間に手を伸ばす。演壇の長椅子は白い布で覆われているから、二人の下半身は聴衆からすっかり隠れているのだ。
 若い弁士の熱い訴えに応えて、満場の支持者の拍手がさらに激しく鳴り響いた。
 「今すぐ抱かれたいわ」女の指は田山の股間をまさぐり続ける。「演説が済んだら『火乃屋』で大臣と会う約束だ。一〇時に来い」「それまで我慢できないわ。次の街宣まで三〇分空いてるの。なんとかならないの?」「一〇分位なら」「それで十分よ」「どこで?」「そうね。あなたの事務所は、どう?あそこなら、どっちも通り道だわ」「そうだな」
 若い区議の演説が終わって田山が演壇に進んだ。


-官僚の女-

 その一月前。「あぁっ」挿入の瞬間、大蔵官僚の女が顔を歪め自らの甲を強く咬んだ。府心の料亭の奥まった一室で政治の闇が交接をしているのだ。

 一九××年の盛夏。狂ったほどに蒸し暑い昼下がりだ。
 「一億ある」男が傍らの紙袋に視線を流した。「本当にありがとうございます」正座した女がうやうやしく浴衣の体を折った。湯あみしてまだ髪が乾ききっていない。半身を起こして男を凝視した。女と男の視線が互いの思惑を秘めて淫湿に絡み合う。
 男は田山栄山。裏列島選出の代議士だ。与党副幹事長。三五歳。まだ少数ではあったが同志を糾合して派閥を形成しつつある。
 ドングリ顔。薄い髪。大きく鋭い目。巨根を連想させる鼻。厚い唇。精悍な男である。
 ダミ声が、「緊急の決断をしてもらった」「礼を言わなきゃならんのは俺の方だ」「全面支援する」「あなたも精根込めて頑張ってもらわんとな」と、女を舐め回した。
 女は府知事選の出馬を決断した湖池である。府大卒の財務省局長で四三歳だ。
 田山はしわがれた咳払いをすると、「せっかちでな」と、女を急かした。
 官界一の美貌だと言われる菩薩顔の女は妖艶に、しかし、ぎこちなく笑むと、立ち上がってするすると浴衣を払い捨てた。下着を着けていない。「ほう」と、田山が息を吐く。着痩せする女だと思った。「府大出の女か」ウィスキーをグビリと流し込んだ。
 田山は寒村の小作農の出で国民学校止まりだ。府大出の女などはさらさら無縁の存在だった。議員になってからは会う機会もあったが学歴コンプレックスもあり女として意識した事などはなかった。その女が、いま真裸で異様な風景を作ろうとしているのだ。田山を不可思議な快感が襲っていた。
 田山に命じられるままに、女がたった今、田山から渡された紙袋から紙幣を取り出して、座卓に敷き始めた。四〇過ぎだと聞いた豊かな尻が淫靡に揺れる。乳房も放埒だ。
 びっしりと敷き詰め終わると、女が仰向けに横たわり足を開いた。田山の視線が鋭角になった。


-農子-

 昭和学園の関係者が『真相解明委員会』を結成して有栖川と交渉したが、一向にらちが明かない。遂に、一部の進歩勢力が労働組合を結成した。上部団体から派遣された役員が農子である。草也は新聞部の部長だ。草也に農子から声がかかった。

 トキは倫宗の熱心な信徒であり、この頃、初代草也と男女の関係が一度だけあった。

 トキの死後。草也は新理事長の浅池に進路を相談した。浅池は革新党の元幹事長である。ある指針を得て迷わず、あの戦争の戦勝国に決めた。


(続く)

異聞カムイの儚1️⃣

異聞カムイの儚1️⃣

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted