腕の長さは無限大

龍 佐秋

憧れのように隔たった
「小さい頃の僕」という少年の写真だ。
色あせた空の下、困った顔をしている。

見る者を哀れんでいるのか、
羨んでいるのか、
俺は何も覚えていない。

「小さい頃の僕」の写真は、
俺の代わりに故郷に巣喰っている。

詩も、作らずに済めばそれが良い。

腕の長さは無限大

腕の長さは無限大

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted