夜(または伸び過ぎた中指の爪)

さいと

夜…悪酔いが醒めた頃
夜…街は静かに揺らめく海

この月が満ちた日を青春の終わりとせよ
そろそろ諦めもついてきたころだろう
70年代プログレ・ロックの静かなイントロ
夜こそが本当の時間である

少し奥歯のあたりが痛むのは、虫歯のせいなのか、それとも私を包む不自由さの必然か

故郷について考えてみた
労働について考えてみた
そしてミュージックが鳴り止み、私は一時間の時の経過を知る
午前四時、伸び過ぎた中指の爪

夜(または伸び過ぎた中指の爪)

夜(または伸び過ぎた中指の爪)

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted