【超短編小説】いる

六井 象

 あら、これ、近所じゃん。「……えー、さきほどの中継で、事故現場にいると思われる幽霊がカメラの前を通り過ぎたため、映像に乱れがありました。失礼いたしました」……今はここにいるよ。

【超短編小説】いる

【超短編小説】いる

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted