消防隊進入口のシール

北上八三

これでマーベル知らないのにマーベルのシャツ着てて腹立ったとかいう理由で高校生に殴られたりしない?

そのビルの三階のトイレの窓には、消防隊進入口という▽の形をしたシールが貼られている。んで、それがここ最近、いつからだったのかは定かではないけど、一部切れてしまってはがれかけている。
「窓開けて、しかもあけっぱにしておくからだろう」
そこのトイレを利用する度そういうことを考えてしまう。手を洗う洗面台の横の窓だ。ピラピラとしている。開けた窓から入ってくる風によってだろう。見ると大体いつもピラピラとしている。目に入る。絶対に視界に入る。

「開けたら閉めなさいよ」
で、そのトイレを利用する度に自分は窓を閉めてる気がする。少し開けておく程度だったらいいんだろうけど、剥がれかける前は盛大に開いてた。がばーって開いてた。フードファイターの口くらい開いてた。それが毎回。トイレだから空気がこもるのが嫌なのはわかるし、確かにこのトイレの空調設備が弱いのもわかる。でも、開けたら閉めなさいよ。誰かさ。なんで毎回自分なんだよ。

で、その結果、こうだ。

消防隊進入口の▽のシールがピラピラして剥がれかけてる。もう、目に入る。毎回目に入ってくる。鏡にも映るし。トイレ入ったら正面にその窓があるから。もう目に入る。で視界に入る度にピラピラしている。お好み焼きの上のカツ節みたいにピラピラしてる。

「・・・」
それを見るたび脳みその一部がそれで占められる。1パーとか5パーとかだったら別に大したことも無いけど、自分の場合大体いつも30パーくらい脳のCPUが取られる。仕事に興味が無いというのもあるし、家に帰りたいというのもあるからかわからないけど、なんかそれに脳の容量とられる。毎回とられる。見てしまうともうとられる。有無も言わさない。横取り40萬みたいな感じ。

あと消防隊進入口のそういうシールが剥がれかけて、剥がれかけてるならまだしももうちょっと一部ビリビリになってたりするのはいいのだろうか?っていうのも気になる。消防法とか的に大丈夫?みたいな感じ。当然消防法とか知らねえからあれなんだけど、でもああいうのって非常階段前のドアに物置くなとか言われるんでしょ?

消防隊進入口の▽のシールが剥がれかけて、一部切れたりしてピラピラしているのは大丈夫なの?

なんか言われたりしないの?監査の時とか注意受けたりしない?それで注意受けて、朝礼とか言うまるで学生時代の朝の会と変わらない何の内容も無いただの時間つぶしみたいな時に、
「なぜ、誰もあのシールの事に気が付かなかったんでしょうか」
みたいな事にならない?
「私は知っていて黙っていました。気づいた人がそれを報告するなり、しかるべき所に通達するなりするのを待っていたのです」
とかみたいな事にならない?そういう馬鹿みたいな事にならない?うぜー事にならない?早く終わらないかなこの時間、もしくはもう死なないかな?って思うだけの時間が発生したりしない?

自分だって報告する気はない。面倒だし。余計な仕事増えるだけだし。間違って報告したりしたら、
「そんな事に構ってる場合じゃないだろ!」
って言われるに違いないし。

だから、間違ってもそんなことしない。誰か、誰でもいいからこう聖人君子みたいな奴が早くどっかに報告しないかなあ。

で、そんな事を考えつつ、その日もそのトイレに行った。
「うわー」
案の定、窓はいつものように開いており消防隊進入口の▽のはがれかけのちょっと切れかけのシールはピラピラしていた。

「おー出る出る」
で、とりあえず自前の膀胱に溜まったお小水を小便器に出したのち洗面台で手を洗って、無論その間もずっと▽のシールはピラピラしていて、

「・・・」
で、気まぐれに、ほんとに気まぐれに。

その日は窓閉めた後、そのシールをちゃんと、こう、上から下にかけて剥がれかけていたそのシールを、こう、上に伸ばして、またくっつかないかなと思って。

はっつけてみた。

「え?」
そしたらそのシール、消防隊進入口のシールじゃなかった。

バットマンのマークだった。

クリストファーノーラン系の。

バットマンのマークだった。

で、
「は?なんで?」
そう思って二、三歩後ずさりしたくらいかな。

がちゃーんって大きな音がして窓からバットマン入ってきた。

今しがたお小水全部出したのにおしっこ漏れそうだった。

なんでこんなところにバットマンがいるんですかあー!ってなった。バットマンはゴッサムシティだけでしょう!って。でもまあダークナイトでもラウ捕まえるために香港とか行ってたもんね。

だからまあ、こういう事もあるかなあ。

しかし会社の誰がバットマンに関わることに手出したんだよ。馬鹿なんじゃないの?

あとどうかクリストファーノーラン系のバットマンでありますように。殺されませんように。柏手打ってお願いします。

消防隊進入口のシール

消防隊進入口のシール

  • 小説
  • 掌編
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted