繭子1️⃣

草也

繭子 1️⃣


-繭子-

 大陸で戦争の危機が一段と深まった頃のことである。この島国の西の方に、一つ違いの義理の兄妹がいた。繭子が九歳、男が一〇歳の時に両親が再婚したのだ。
 繭子の母は教員で一年前に夫が病死していた。繭子は一人娘である。
 男の父は職業軍人で二年前に離別していた。母はある男と失跡したのだった。

 時を経て、大陸の戦争が南方に拡大する兆しを見せ始めた頃の、男が高校三年、繭子が二年の盛夏である。二人が夏休みの昼下がりだ。両親は親戚の急な葬儀に揃って出かけていた。この日から二日間、不在なのである。
 父は街外れの小山の中腹の軍施設に勤務して、母は近くの国民学校に通っている。男の兄は出征して姉は嫁いでいた。

 男が離れの午睡から醒めて居間に行くと、形跡はあるが繭子はいない。何故か男は身体を固くした。暫く待っても変化はない。
 ある予感に引かれて、男は廊下を辿って奥の両親の寝室の板戸を密かに引いた。
 北窓の淫靡な薄陽のなかで、繭子の豊穣な尻が剥き出しなのである。足元に青いスカートとパンティが打ち捨てられている。上半身は黄色の半袖シャツを着けている。
 繭子がふしだらに腹這いになって、広げたおびただしい写真を見ているのだ。右の手が下腹部に入っていた。自慰をしているに違いない。男は沈黙を呑み込んで女の秘密の戯れに食い入った。


-義兄-

 つい最近にも似たような出来事があった。やはり遅い昼食を摂りに母屋に行くと誰もいない。
 両親は、やはり戦死した親戚の急な葬儀に揃って出かけていた。居間で昼飯を摂っていると繭子が入ってきた。二人とも無言だ。水風呂にでも入っていたのか、濡れた髪にタオルを巻いて半袖の青いシャツに乳首が突起している。長くて青いスカートをはいている。「気持ちいい」と言い、背中を見せて座った太股を広げて、スカートの中に扇風機の風を入れている。
暫くすると向かいに座り、桃を食べ始めた。汁をしたたらせて赤い唇を紅い舌で舐めた。石鹸と強い体臭が漂ってきた。男の股間が反応した。
「また暑くなった」と、繭子が扇風機を回して男に背を向けて横になった。スカートを太股までたくしあげて、「暑い」「裸になれたら気持ちがいいのに」と、聞こえよがしに呟いた。
 その声が男に届いた。女の尻が淫靡に揺れている。

男が背後からスカートをめくった。裸の尻がむき出しなった。繭子は、「厭だ」とは言うが声を押さえている。特段の抵抗はしない。足を閉じてはいるが、手で探ると簡単に太股に届いた。しかし、ついに男が隆起することはなかったのである。男は女の隠微な痴態に反応した性根が疎ましかった。今こそは失敗できないのだ。


-写真-

 息詰まる猥褻な時が流れ、やがて、女が嬌声を圧し殺しながら次第に全身を痙攣させて絶頂の最中のその時、下半身を脱ぎ払った男が忍び寄って声を掛けた。

 繭子は男の股間に釘付けになって動かない。男は女の肉厚な丘に繁茂する漆黒の剛毛に視線を落とした。傍らに取り残された女のスカートとパンティを丸めて箪笥の上に放り投げた。

 両親の性愛の濃密な液臭と盛夏の熱気が詰まったむせかえる部屋だ。繭子の桃の薫りの体臭が澱んだ空気を微かに揺るがせた。
 繭子がゆるゆると上半身を起こして座り両手で股を覆った。そして、まだ法悦を漂っているのか、陽炎の様な女に動じた素振りは微塵もない。甘い香りが男の鼻孔を刺激した。
張りつめた乳房の紫の乳首、くびれた腹が敷き詰められた交接の写真に目を落としている。写っているのは男の父と女の母の異形な姿態だ。
ある一葉などは射精の瞬間を捉えた一枚だ。義母が飛び出る精液を口で受け止めているのだ。

 男も既にその所在を知っていた。時おり忍んで、この情欲な痴戯を見て自慰をしていたのだった。

 矢庭に男がのし掛かり、押し倒した女に覆い被さった。たぎる肉と汗の塩にまみれた肉が激突して絡み合う。女の身体から桃の香りが飛び散った。そして、いかほどの攻防が続いただろうか。 
しかし、それは女にとっては、さんざん読み耽りながら自らの身体を自らで犯した性愛小説をなぞる様な前戯に過ぎなかった。そして、父親の戦死の間もなく再婚した母親を絶対的に否定しながら、同じ血をたぎらせて淫靡な世界に船出するための一里塚に過ぎなかった。女の総てが熟れていたのである。


-交接-

 やがて、男が繭子の気分を見定めた様に、繭子を反転させて背後から乳房を鷲掴みにして、身体を密着させた。隆起した陰茎が女の尻に食い入り簡単に湿った太股を割った。男の陰毛が女の尻を擦る。乳房を揉み、「嵌めないで」と囁く女に、「入れない」と囁きながら、隆起を擦り付ける。
女の抵抗が鎮まった。女の尻は湿っている。もはや手では覆い隠せないすっかり無防備な、女陰の厚ぼったい肉塊の表装に陰茎が届いた。

 男は実物の女陰の初めての感触に神経を研ぎ澄ます。繭子が呻き声を噛み、陰毛の繁りで隆起のたぎりを受け止めながら、その膣からは自慰で噴出したばかりの淫液が溢れ落ちて、男の陰毛をも濡らすのだ。「触るのはいいのか?」女は答えない。

 男が耳元で囁く。「何をしてた」「勝手でしょ」「自慰してたな?」「勝手でしょ」「この写真はどうした?」「勝手でしょ」「俺達も同じ事をやろう」「厭よ」「俺の父親もお前の母親も聖人の仮面を被った獣だ。俺もお前も獣の子なんだ。同じ事をしたいに決まっている」「厭」「犯すぞ?」「やれるもんならやってみたら?」女の目が煌めいた。

 男が写真の一枚を女の目の前にかざした。性器の結合が大写しの写真だ。女が見入る。「やってんのは誰だ?」女は答えない。男が乳房をゆっくりと愛撫する。乳首を蹂躙すると呻いて身体をよじった。男が写真を変えた。父の上に髪を乱した義母が股がり両手を繋いでいる。繭子が呻いて熱い息を吐いた。「こういう事をしたくないか?」女の太股が痙攣した。


-秘本-

 男が、枕元のある本に気付いた。「読んでいたのか?」「未だよ」繭子は中程まで読んでいた。「この本は何だと思う?」繭子が頭を振る。「本当か?」「いったい、その本が何なの?」

 汗を拭った男が話し始める。「この本は地下出版されたものだ」「地下出版って?」「今時は、何にでも政府の取り締まりが厳しいだろ?俺の友達なんかは姉貴と歩いていたら、すれ違った軍人に見咎められて。いきなり殴られたと言うんだから。笑い話にもならない」「英語が禁止になるかもしれないって、誰かが言ってたわ」「そうだろ?出版もますます検閲が厳しくなっているらしい。そこで、正規のルートを通さないで検閲を逃れるのが地下出版だ」「だから、この小説の作者は誰だかわからないんだ。内容からすると東北が舞台だから、推測はできるが」

 「もう読んだの?」「読んだ」「どんな内容なの?」「この小説は、戦争を批判して、天皇制と性の禁忌に挑戦している。国が最も嫌がる題材だ。ただ、殆どは真っ昼間から厭らしいことをする話だ」「厭らしい事って?」「交接だ。交接の描写をこんなに露骨に赤裸々にやった小説はかってなかった。だから、奇書中の奇書と言われているんだ」
 「白昼夢って、どういう意味なの?」「夜に夢でしかみられない様な淫らな事を、昼に実際にやる。昼日中にやる厭らしい事。それが白昼夢。昼間みる淫乱な夢だから白昼夢だ」「本番小説って、何の事なの?」「そんなことをどうして知ってるんだ?」「学校でなんと無く聞いたんだわ」「主人公のグラマーな女教師が本当にやった描写がふんだんにあるからだ」「何を?」「交接だ」「グラマーって?」「豊満な身体の女の事だ。おっぱいや尻の大きい。お前の母親のような」

 「どんな内容なの?」「今の戦争の、東北の山の中の話だ。主な登場人物は四人。父親と母親、実子の息子と母の連れ子の娘。だから二人は義兄妹だ」「それって、私達と似ているわね?」「そうだ。一〇歳の頃に両親が結婚して義兄妹になった」「そっくりだわ」「この四人が入り乱れて性交をする」「どんな風に?」「父と母はもちろん。だろ?でも、父と義理の娘。母と義理の息子。義兄と義妹。みんなだ」「凄い話だわ」「母親は他の男ともやる」「誰?」「学校の校長や軍人だ」「淫乱なの?」「そうかも知れない」
 「その時の義妹は二〇位の女教師で主人公だ。炭焼きの義兄に犯されるんだ」「男はいくつなの?」「女のひとつ上。戦争に行きたくなくて、自分で足を傷めて徴兵を逃れたんだ」「それで?どんな風にするの?」「男は小さい時から女とやりたくて色々と妄想していた。夢の中で、散々、義妹を犯して自慰をしていたんだ」
 「そんな小説を書くなんて許されるの?」「駄目に決まってる。だから地下出版したんだ」


-会津-

、「禁忌に挑んだ人達はいくらでもいると、この本には書いてる」「歴代の天皇と対立して闘ったのはアテルイや平将門。源頼朝は天皇制に代わる武家政権を打ち立てようとした。後白河法皇はそれを阻止するために義経を利用したんだ。義経の背後には奥州藤原がいる。兄弟は対立した。天皇制の考え方の対立だ」「信長は合理主義者で天皇制を否定していた。ヨーロッパの王制と法王制の並立も知っていた。安土城に天皇を幽閉しようしたのかも知れない。天皇側との熾烈な暗闘の果てには、天皇を暗殺する計画をたてていたに違いない。それに恐れをなした天皇や公家、室町幕府の旧勢力が企てたのが本能寺の変だ。あんなことが明智光秀だけで出来るわけがない。秀吉や参謀の黒田長政は天皇側と気脈を通じていたに相違ないんだ。だから、秀吉政権は不思議なほどに天皇を持ち上げたんだ。関白は天皇の家臣なんだから」「徳川政権は豊臣を否定して生まれだ。だから、武家諸法度を作ると同時に、公家諸法度を定めて天皇勢力を支配したんだ」「明治維新は天皇家絶対主義者と、天皇制にゆかりがある長州藩の極右勢力が結託した武力クーデターだ。長州は関ヶ原以来の怨念を晴らしたに過ぎない。だから、権力を握ったら、忽ちの内に徳川幕府がやっていた開国政策に舵を切ったんだ。あんなのは人民革命じゃない。大義なんて微塵もない。岩倉具視と木戸孝允の単なる陰謀だよ。錦の御旗なんては岩倉が思い付いた詐欺の代物なんだ。そんなものに畏れおののいて世の中が変わってしまうというんだから、そもそもが漫画みたいな国なんだ」「会津はそんな出鱈目な権力に敗けたんだ」「この奇書の作者は会津の人なんじゃないか?」


(続く)

繭子1️⃣

繭子1️⃣

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted