固まる

最初は人差し指からだった。


今日のメニューはサラダうどんと大学芋。
私は頭の中で調理工程を思い浮かべながら、誰もいない厨房でさつまいもを切っていた。

生のさつまいもは固く、包丁に体重をかけないとカットすることが出来ない。
きゅうりとか玉ねぎみたいにテンポよく切れたらいいのに。鬱々とした気持ちで切り進める。
ふと気がつくと、人差し指の先端に僅かなしびれを感じた。いや、感じたというよりも感覚がない。

固まる

固まる

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • ファンタジー
  • SF
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-09-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted