異風の儚1️⃣

草也

異風の儚 1️⃣


 -鯉子-

 一九三八年の盛夏。北国のある大滝のほとりの、一握りばかりの集落である。
 滝壺の縁の洗い場で、半襦袢に腰巻きの豊満な女が洗濯をしている。
 すると、矢庭に水面が騒いで男の半身が浮かび上がり、長い息を吐くと、二かき三かきして縁の岩に手をかけた。同時に竹槍が抜き出て、先端に大きな鰻が刺さっている。乳房を揺らして歩み寄った女が、「凄く大きいこと」素早く外して魚籠に放り込んだ。中には二匹の鯉と鯰がいる。
 「たまげるほどの鰻を取り逃がしてしまったんだ。悔しくてならん」「今日の獲物だってみんな大物だもの。夕餉の菜には充分だわ」「猛暑が続いてるからな。精をつけないとな」「去年に続いて日照りで大変な騒ぎだもの」「年端もいかない童までが身売りする始末だ。憤激した若い軍人が反乱を起こしたしな。首謀者の一人は花田花の三男坊らしい」「知ってます」男の眼前に漆黒の陰毛を曝した桃色の太股が淫蕩に開いている。「やったのか?」「お義父さんったら。やだわ」「お腹空いたでしょ?山鳥が焼ける頃合いだわ」
 男が気合いを引き連れて岸に上がった。褌ひとつの頑健な裸だ。
 石を組んだ即席のカマドに肥えた二羽の山鳥が脂を滴らせている。男がウィスキーを喉をならして飲み始めた。「腕のいい漁師がいるからここは極楽だわ」「川も山も、何分にも守り神様の賜物だ」「米がとれなくても、昔から食べてきたのは粟や稗なんだし。この通り。大滝神さまの恵みは無尽蔵だもの」「そういう訳だ」 石工の生業で鍛えぬかれた赤銅色の身体に、ただ一つ身に付けた赤い褌のたるみから男根が覗いている。
 視線を湿らせた女が惚れ惚れと、「相変わらずに立派な身体だこと。幾つになりました?」「四六だ」「到底見えないわ」「お前は?」「二七を越えたわ」「すると、あの婿は二六か。あんな奴まで徴兵するとは。御門も雲行きがおかしいな」「また、あの人の事を…」「違いないだろ?何から何まで半人前だ」「今はお国の人柱ですよ」「その国というのが嫌いなんだ」「生きて帰れるかどうか?」「あんな男でも不憫なのか?」目を移した女が、「山鳥が焼けましたよ」男がかぶりついてウィスキーで流し込んだ。


-大鯉様-

 「あいつが出征したのは?」「一月前よ。あの日だもの」「そうだった。前の夜に嵌めたんだろ?」女の紅い唇も山鳥の熱い脂で光っている。「朝までやってたのか?」「もう止してください」「いいや。お前はあいつの姿が見えなくなった途端に、むしゃぶりついてきたんだからな」
 「火海子は俺の種なのか?」「知らないわ」「自分の子が誰の種かも知らないのか?」「みんなあなたのせいでしょ?」「お前だって相当なもんだ」「一五の私を手込めにしたのは誰なんだか?」「随分な言いようだな」「一九で無理強いであんな男と結婚させて?」「盆踊りで乳繰り合ったのをくっつけただけだ」「一夜の悪戯をこじつけたんでしょ?」「身から出たなんとやらじゃないか?」「あんな人だから。都合が良かったんでしょ?」「亭主は亭主。よがりは俺か?」「この悪党!」「お前の身体が堪らないんだ」「 「火見子はどうしてる?」「使いに出てるわ」
 「見てみろ」黒褐色の逸物がそそりたっている。「ここに来い」女が腰巻きをまくりあげ放埒な尻を露にして股がった。
 「大鯉を見た?」「今日もいなかった」「あれから姿を現さないのね?」「未だ腹がくちいんだろ」「お母さん。成仏したかしら?」「大滝の鯉神様に捧げたんだ。あんな強欲でもとうに成仏したわさ」「そうだといいんだけど」

 一月前の異様に蒸す昼下がりであった。夫が出征してすぐの鯉子を風彦が抱き寄せた。
 激しい情交の現場を、思いがけずに戻ってきた鯉子の母で、風彦の妻の初音が盗み見てしまったのである。二人の禁忌の、すなわち義理の父と娘の情交を目撃したのだ。怒り狂ってわめき叫ぶ女を風彦が払いのけると、昏倒して座卓に頭を打って、いとも呆気なく死んでしまった。
 鯉子が、「それをどうするの?」「大鯉様に供養してもらうしかあるまい」

 「あなたと初めてしたのもここだったわ」「お前は早熟で。もう立派な女だったな」「一六の夏よ。あなたは幾つだったの?」「三五だ」「盆休みで、紡績から帰った奇妙に蒸し暑い日だったわ」
 風彦に股がった鯉子が、「あなたはどこからやって来たの?」

 負傷して一年後に戻ってきた夫は、三月後には二人に殺されてしまったのだ。


-初音-

 微塵の未練も残さずに故郷を出奔して、風彦の次の年の夏だった。女達からせびり取った金などはとうに使い果たして、さらに貧しい北の国を無頼に放浪し続けていた。
 空腹の身には残酷な程に猛々しい盛夏の昼下がりに、とある辺鄙な村外れの大川のほとりの農家に忍び込んだ。
 湿気が充満した屋内に人の気配はまるでない。土間の台所で釜の残り飯を貪り食った。鍋にぶつ切りの肉の煮物の残りを見つけてかぶりつくと、男も幾度か食した犬の肉だ。たちまちの内に獣の貪欲な血が蘇って駆け巡る。
 その時、叫声が聞こえた気がした。獣の態で全身を耳にすると、再び、紛れもなく女の嬌声だ。
 原初の欲望に引き寄せられた様に、男の足が囲炉裏を忍んで突き当たった奥の板戸を引いて、呼吸を整えながら淫らな声の巣窟に隙間を作った。暗闇があえぎ声の震源だった。
 目がなれると、裸の女が仰向けになって両の膝を立て大きく両足を開いているのであった。
 下には裸の男がいるのだが、股間と足しか見えない。仰向けの男に仰向けの豊満な女が乗っているのだ。
 黒々と茂る森に下から隆起が差し込まれているのだ。女の手がその勃起を妖しく撫でている。女の淫奔に震える汗にまみれた両の乳房を、男の手が鷲掴みにしていた。
 おびただしい嬌声と戯れ言は半島の女に違いないと、風彦に確信させた。  臍まで延びた濃い陰毛の中に大きな黒子がある。男根で下から激しく突き上げられるたびに、女の腹の脂肪が揺れた。
 すると、挿入したままの女が朦朧と身体を起こした。そして、板戸の隙間に気付いて風彦の気配を察したのか、身動ぎもしない。髪を乱した大きな鼻と厚く赤い唇の、三〇がらみの大振りな表情だ。
 その時に、その湿った瞳と風彦の視線が衝突した。乳房が淫らに揺れた。何も知らない黒い男根が慣れ親しんだ風情で女の白い尻を突き上げている。
 唇を噛んでも漏れる嬌声を圧し殺しながら、女は風彦に向けて瞳を膨張させて、奇妙な意思を示し始めた。
 女の指が自らの腹をくねりながら伝って、ゆっくりと股間に延びてきて陰毛を撫で始めた。もう一方の掌では自らの乳房を蹂躙しながら、女の聞こえない言葉が宙を泳ぐ。しかし、風彦には女のその意図が未だ理解できない。沈黙が続く。さらに、女の指が盛り上がった肉を撫で回しながら、陰核にまとわりついた。太股を痙攣させながら突起を摘まんだ。 すると、風彦には女の声が聞こえた気がした。狂った女と邂逅してしまったのか、或いは己が狂ってしまったのか。
 風彦は驚愕した。確かに女の身振りは、交合の最中の下の男を殺してくれと訴えているのだった。身振りで確認すると女が深く頷いた。
 女は尻の下に敷いている布を男の顔にかけろと、仕草をするのである。風彦が頷くと、女は下の男に射精を強いて尻を激しく揺りながら膣で男根をしごく。
 たちまち射精が始まった瞬間に、女がその布を風彦に投げてよこした。その刹那に、駆け寄った風彦が男に股がり、両足で男の両腕を封じて、女の小水で濡れた布を男の顔に被せて押さえ込んだ。股がって挿入して射精を飲み込んだままの女が男の両足を固めていた。
 暫くして呆気なく男の動きは止まった。背の低い痩せた初老の男だった。

 抱きついて風彦の乾いた口を吸ったのは大陸の女だった。
 「殺してくれて嬉しい。やっと自由になれる」と、たどたどしく言う。「半島の奥の大陸から嫁いだが騙されたも同然の仕打ちで、家畜のように酷使されながら、あしざまに蹂躙されてきた。奴婢の様だった」と、言った。女の姿態からその意味を男はくまなく理解した。女の裸には痛ましいほどの痣や傷傷痕が混在していたのだった。
 死体を納屋に運び藁を被せて夜を待つ事にした。
 その時、雷が近付いて蝉時雨が止むと直に激しい雨になり、暮色が瞬く間に闇に変じた。
 豪雨を聞きながら女が風呂を沸かした。二人はまるで長い時を経た愛人達の様に身体を洗いあって交わった。若い異民族のけたたましい射精を受けながら、女は足を絡め泣きながら絶叫して男の舌を吸った。
 貧しい夕餉をかきこんで交わりながらその時を待つ。
 そして、夜半には濁流に急変した大川の滝壺に、完全な隠匿を確信して二人で死体を投げ入れたのである。
 その後の交合は男が経験した事がない甘美な世界だった。男が解放した奴婢は、すっかり大陸の女に蘇生していた。鶏を殺して丸ごと調理した。頑健で豊潤な大陸の農婦だ。芳醇な尻を向けて自ら挿入を導きながら股がる。二つの性器は確信して繋がった。異民族であり、忌まわしい同質者同士だからこそ堪能できる極致なのだった。
 古代の異民族達も殺戮を重ねながらこうして靭帯を創ろうとしたのか。
 「半島の奥深い私の故郷に一緒に行かないか?そこは半島の国でも大陸の国でも、もちろん、植民地にはなっているがこの国のものでもない。マン族の誇りある大地だ。私はあなたによって再び民族の誇りを取り戻す事ができた。あなたは私達に似ている。そして私に似ている。一月たてばすべてが解決する。必ず戻って来て」と、女は言い、「身体中に口づけの痕跡を刻んで約束して?」と、哀願した。
 一睡もしないで交わり続けて、次の朝には、夫の不慮の事故死を演じる女を残して、男は再び無為の旅に出たのであった。女は警察の措置が終われば、すぐに財産の一切を処分して半島に帰るのだ。

 一月後に、やはり気がかりだった風彦は、旅の者としてなに食わぬ風情で女の元を訪ねた。 案に反して、女は留まっていたのであった。そして、すべての措置が終わっていた。その上、図らずも親戚や部落の者達から石山の存続を懇願された。
 風彦は風になびく様に、留まって石工になった。女は風彦に従った。女に娘がいるのを初めて知った。女には生来の名もこの国の名もあったが風彦は初音と呼んだ。二人が入籍する事はなかった。
 大陸の戦時下の、海を隔てた北の国の寒村の陽炎のような出来事である。この数奇な風彦の二度目の殺人が、男に錯覚をもたらした。残虐な行為が産み落とす歪んだ僥倖が忘れられないのだった。


(続く)

異風の儚1️⃣

異風の儚1️⃣

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-08-31

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted