忘却の森

篠原いずみ

彼方にある

忘却の森よ

僕の

失われた記憶を

取り戻させてはくれまいか

彼方にある

忘却の森よ

捨ててしまいたい記憶もあった

じぶん自身を

忘れてしまいたい日々があった

だけど僕は知った

かたちあるすべてが消え去るとき

思い出だけが残るのだと


彼方からわたしをよぶ

遺失物の声がする

森へ 行こう

記憶の彼方

忘却の森へ

忘却の森

忘却の森

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted