仮名

1

外ではノイズのような蝉の声があたりに響き渡っている。

私は生ゴミに小蠅が群がるカビ臭い台所の床にしゃがみこみ、出刃包丁の刃をまじまじと見つめる。身体を突き破りそうな程にどくどくと鳴る心臓の音がうるさい。

包丁の柄を両手でしっかりと握る。鼓動はこんなにも高鳴っているのに、頭の中は恐ろしいほどに冴え渡っている。切っ先を自分の下腹部に当て、深呼吸をする。



ああ、蝉って1週間で死ねるんだ。羨ましいなぁ。

仮名

仮名

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 時代・歴史
  • 成人向け
  • 強い暴力的表現
  • 強い性的表現
  • 強い言語・思想的表現
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted