天(あま)かけるド金持ち

堀川士朗

お久しぶりです。
久しぶりなので、こんなディストピア小説を書いてみました。
書いててすごく腹が立ちましたが、
意外と読後感はさわやかに仕上げました。
そんな小説。

一般庶民ディスり放題小説!ディストピアは現実に?

 「天(あま)かけるド金持ち」

      堀川士朗



勇者オクナカはレベル5歳に上がった!

やあ。
ボクの名前は億中要蔵(おくなかようぞう)と言います。
5歳です。
700年以上続く名門、億中家の御曹司です。
ひとりっ子ですが、寂しくはありません。
ボクの家は億中コーポレーションという国内最大級のコングロマリット企業を経営しています。
将来的に家督を継ぐ際に兄弟がいたら厄介なだけでしょ。
ボクはソルトンピーナッツというマンガに出て来るイヌーPが大好きです。
主人公チョレイ・ブラウニーが飼っている野生大型ビーグル犬、イヌーP。
彼は犬でありながら非常に等しく人間社会を睥睨(へいげい)し、時に鋭く時に確かなる目で、愚かなる人間社会の有様をえぐっています。
いつかボクはイヌーPになりたいな。
あとボクはアリを分解するのも大好きです。



勇者オクナカはレベル9歳に上がった!

学校の超貧乏(それでも中産階級)なS君と一日だけお互いの立場を交換する遊びをしてみましたよ。
「王子とコ〇キ」というお話を国語の授業で習った日でした。
何かそれに影響を受けて自分でもやってみようかと思ったから。
S君にはボクの家の35階建ての億中邸で過ごしてもらい、ボクはS君の7LDKのクソ狭い豚小屋でまったりとコ〇キ生活を過ごしました。
ボクはS君のご両親を奴隷のように扱いました。
家財道具を金属バットでメチャメチャにしたり、S君の妹にトラウマを与えたり、ガソリンをまいて家に火をつけてチンケな家が全焼しても、ご両親は頬に張り付いた引き攣った笑顔のままでボクを歓待していました。億中家には逆らえないからでしょうね。
時間が来て立場を戻しました。
S君は臆病なチキン野郎だったのでボクの財産からは100万円ぐらいしか使わなかったみたいです。
ショボッ!
(-ω-;)
庶民だなぁ。
所詮は住む世界が違うんだね。
友達をやめよう。
(▼∀▼)



勇者オクナカはレベル14歳に上がった!

ボクは同級生の女の子、Yさんに惚れていました。
(//∇//)
Yさんは勉強が出来てとっても真面目で誠実なかわいらしい子でした。

「この子には遊びが足りない!」

そう思ったボクは自家用ジェットで彼女をシンガポールにある5つ星リゾートのアリ・リーナベイサンズ(ボクが所有者)まで連れて行き、屋上のプールで一緒に泳ぎました。
告白しようと思ってYさんの顔を1500億円使えるヤメックスのプラチナカードでペシペシとはたいて、

「これで俺の女になれや」

って言ったんですけど断られてしまいました。
アレアレ?どうした事でしょうね。
告白の仕方を間違っていたのかな?
おまけに、

「あなたには心がないわ!」

とか訳分からない事を言われて腹が立ちました。
ココロ?
ココロって何ですか?
(~。~;)?
そんな曖昧な、人間が後から考えついたうそ臭い概念を持ち出されてもね。
ココロなんてない。
そんなの不確かで、心臓はただの血液循環装置でしかない。人間には思考回路しかないんですよ、人間には。AIと一緒なの人間は。分かります?
馬鹿だニャー、Yさん。帰りの飛行機はエコノミーで自腹で帰ってね、この豚女。
♪(´ε` )



勇者オクナカはレベル22歳に上がった!

ボクは父の後を継ぎ億中コーポレーションの会長職に就任しました。
官僚にワイロを渡し法律を変えさせてやりたい放題です。
利権が生まれるこの国の事業には必ず我が社は関わっているので上がりはボチボチです。
今のところ文句を言ってくる連中もいません。
甘い汁大好き!
(≧∇≦)b
だってボクにはその権利がある。
ボクは選ばれた人間なんだから。
ちなみにボクはミリオネアンズ・フォー・ヒューマニティーズ・オブ・ザ・ワールド(世界人道的大富豪連盟)には加入していません。
入るわけない。
むしろ敵です。
施す必要なんかない。
一般庶民は搾取されるだけの存在であるべきだとボクは考えます。
彼らは馬鹿で扱いやすいし操りやすいです。国が借金まみれだって言えばそれで納得して納税するんですからね。
何も考えないで。
何も感じないで。
声を上げないで。
文字通りアリの群れだよまるで。
黙ってエサを巣に運べ馬鹿。
実際はまだ更に2000兆円以上国債を発行出来る超優良債務国(世界の五分の一が買える)なのに。自国建て債券だから。まあ逆・大本営発表しとけばいいんですよね。「負けてます負けてますヤバいです」って言っておけば。
馬鹿には理解出来ないでしょうね。
マスコミを完全に抑えて情報操作してありますからね。
アレ?もしかしたら政治や行政が経済を動かしてると勘違いしてません?
逆ですよ。
ボクら財界のトップが政治を動かし、法律を変えているんです。当たり前でしょ?
馬鹿な庶民~。
(。ノωノ)
自分たちの生活をよりよくしようと考えるよりも、どうでもいい芸能人の不倫とかのニュースの方ががぜん興味あるんだから馬鹿は扱いやすいです。
その間にも自分たちの首を絞める法案がどんどんジャンジャン通過していくのになー。
自分たちの人生もどうでもいいんでしょうね、馬鹿は。



勇者オクナカはレベル27歳に上がった!

♪去年のトマトは酸っぱくって~くっさかったわ~だけど如何~もう今年も終わろうとしています。
大晦日。
除夜の鐘の音を聴きに大福安寺にやって来ました。
珍しくボクは一般庶民のクズの方々に混じっていました。
順番待ちをしている全員もれなく安い臭いゲスいジャージ姿のクズの庶民の方たちはみんながみんなスマホをいじっていました。
オヤオヤそっちがメインなのかな。五感がないんですね。
いてつく空気の清澄なる事や夜の深さや苔むす庭、除夜の鐘の鈍色の光、純粋にこんなにも美しいのに。
学と教養がない!
ヽ(`Д´#)ノ
あれですね、一般庶民には無料配信アプリのゲームとSNSだけ与えておけばいいですね。
どうせアリさんたちにはリアルなまともな人生なんかもうないんですから。
5×8センチの画面だけ一生のぞきこんでいればいいですよ、馬鹿は。馬鹿なんだから。
(´θ`llll)
現実で搾取されても、仮想空間では少なくともヒトでいられる。
でも初めから答えが分かりきっている虚しいものに、どうして時間を割くんでしょうね。
分からない。
ボクには分からない。
ちょうどいいのかな。
醜い諍い。
マウントの取り合い。
虚飾。
ミュート&ブロック。
課金課金課金。
ゲームとSNS。
は~面白い。
は~面白い。
は~面白い。
それでアリの群れが不平不満を一切口にしなくなるんだから安いもんですよねー!
飼いならされた庶民~。
テへ。
(*ゝω・*)ノ
ゴ~ン!



勇者オクナカはレベル33歳に上がった!

ボクには超美人秘書のWさんが付いてます。
でも変わった所があって必ず語尾に、

「~でゴワス」

と言うんです。
そんじょそこらのモデルや女優なんかよりWさんの方がはるかに美しくてプロポーションも抜群なのにお国なまりがあるなんて、それだけでポイント高いですよね。
萌える。
もちろんボクの愛人です。
こないだは、

「億中様!おいどんは天国に逝くでゴワス!」

と言っていて笑えました。まあ飽きたらクビにします。
話は変わりますが、スペインはいい国ですね。
ルネッサンス情熱。
パッションがある。
高級バルで食べた海鮮たっぷりのパエリアも美味しかったなぁ。
それに何よりシエスタの風習が素晴らしいですね。この国でも取り入れたらよいのに。まあ無理でしょうけどね。
庶民はアリのように汗水流して働いてカップラーメンと安酒食らって夜は泥のように寝て、大人しく納税していればそれでいいんですよ。
ボクら特権階級はその血税を後で利潤として美味しく頂くわけです。
全くアリさんたちには感謝しかないですね、尊敬はしないけど。
決して。
絶対。
アリだから。
断固。
ただひたすら。
踏みつぶすだけ。



勇者オクナカはレベル37歳に上がった!

儲ける為に紛争を起こしたり、国を牛耳ったりする毎日にちょっと飽きてきました。
億中コーポレーションは既に世界で五本の指に入るコングロマリット企業に成長していましたが、何か満たされない。
ツマンナ~イ。
ツマンナ~イ。
ツマンナ~イ。
(*_*;(*_*;(*_*;
思春期の頃、金では買えない恋(Yさん)を経験しているので、何かそれがトラウマになっているんじゃなかろうかと、Yさんのクローンを造ろうと思いました。

「7Gとスーパーコンピュータ富嶽改・ZⅡの技術を使えば、クローンも可能です」

と執事のEさんに言われて、

「じゃあそれでやって」

とボクは言って、早速7Gのなんちゃら技術とスーパーコンピュータ富嶽改・ZⅡを購入したよ。
ワンフロアーぶち抜きのスーパーコンピュータ。おっきいんだね富嶽改・ZⅡって。
12兆円したけど安い買い物ですよね、これでYさんがボクのものになるんだから。
さあ!生まれたてのYさんの完成です。
あ、あの時の、14歳のままだ!かわいい!
やっぱり色が白いなあ。
脳もいじくって、もうココロがどうたらとか言わないようにロボトミー手術しましたよ。
恋が始まる。
ああ恋って楽しいね。いっぱい愛してあげるからね!
……まあこんな愛玩人形動物、三日で飽きそうですけどね。そしたら棄てるだけ。
ヽ(^o^)丿



勇者オクナカはレベル46歳に上がった!

ボクの家には水族館室があります。
50センチの厚さの特殊アクリルで出来た超巨大水槽の中に世界最大級のジンベエザメをつがいで二匹飼っています。
PちゃんとUくん。
Pちゃんの方がメスで大きいよ。
早く赤ちゃん産まれないかなー。
(*⌒▽⌒*)
二匹を愛でながら水槽上部のウォークからエサをたっぷりと与えます。
アワビや真鯛や生ウニ、そして希少なブルーロブスターを惜しげもなく大量にすり潰したエサです。
さあPちゃんUくん、大きな口を開けて高級なエサをたくさんお食べなさい。
いい子だなぁ。
人間にも言える事で、やっぱり常日頃いいモノを食べてないと駄目ですね。
一食のランチに最低でも1000万円ぐらい出さないと、まともなものは出てきません。
庶民はかわいそうですね。毎日毎日アホみたいなコンビニ弁当でしょ?
500円ぐらいの。
何それ?
ゴミかなんか?
生ゴミ?
そんなもんいくらでも地面に落ちてるよ。
ワンコイン?
馬鹿なの?
ワンコインならばせめてメイプルの1オンス金貨ぐらいの事を言ってよ。
馬鹿なの?
ホルモン剤たぁっくさーん入ってる外国産味付け牛肉とか食ってりゃいいよ!この貧乏人が!
寿命も短くなるし(お前らは還暦前にもれなくバタバタ死んでいくよ)それで負のオーラにまみれて闇のストレス抱えてやさぐれて頭ホルモン剤でおかしくなって人生どうでもよくなっちゃって子供を虐待したりとか凶悪犯罪起こして結局人生オジャンになっちゃう。
自己投資を怠るからですよ、馬鹿だニャー。
貧乏人は馬鹿ばっかりだニャー。
あー。貧乏人は馬鹿ばっかりだニャー。
あーあー。貧乏人は馬鹿ばっかりだニャー。
はぁ~ああ~。貧乏人は馬鹿ばっかりだニャー。
ラ~ンララ~ン。貧乏人は馬鹿ばっかりだニャー。
(-ω-;)



勇者オクナカはレベル51歳に上がった!

夢を見た。
5歳のボクはソルトンピーナッツのマンガが山積みになっている部屋にいる。
ボクは高い塔のてっぺんのその部屋で窓の外を眺めている。
雲。
空。
町。
車。
蟻。
それに飽きてコインを一枚ピィ~ンと弾き、裏か表か当ててごらんよと女の子に言った。

「オモテ」

女の子はそう言った。
女の子は声だけの存在だ。
ボクは手をどけてみた。
表だった。

「やったね。当たったよ!」
「あなたがすごいのよ。あなたは何でもできる。あなたは何にでもなれるもの。あなたは人間。選ばれた人間よ」

女の子の声は、ボクがもっと小さい頃に死んじゃった優しいお母さんの声にとてもよく似ていた。
記憶が混濁として、訳が分からなくて、ボクは涙を流した。
でもこれで涙を流すのは最後にしようと5歳のボクは思った。

目が覚めた。



勇者オクナカはレベル60歳に上がった!

何という事でしょう!
(゜Д゜;)
選挙によって与党と野党が入れ替わってしまいました。
ボクの悪逆非道ぶりに業を煮やしたのか、何か新しくこの国の一番偉い人になった人がボクを逮捕しようとして警察や軍隊がいっぱい家にやってきました。
彼らとの間に一切のパイプがなかったのが原因ですね。
逮捕されたくはないので応戦します。
ボクは世界一の傭兵集団を持っています。世界中から集められた精鋭の彼らは、戦闘能力・練度・装備ともに世界最強部隊です。
自宅に常駐している無双の最強傭兵部隊は迎撃を開始しました。
この国の軍隊じゃとても勝ち目はありません。
たくさんの戦死者を出させて見事に撤退させました。
傭兵部隊の人的損害はゼロです。余裕でテキーラをあおって葉巻を吸って女を抱いています。
ボクは議会に乗り込んで逆にこの国の一番偉い人やその一派を捕まえてまとめて処刑しました。一人残らず。
法律も変えさせました。
『億中要蔵国家治安維持法』です。
反対勢力は全て投獄しました。
これで未来永劫、誰もボクに手出しは出来ません。
次の日からボクの下僕がこの国の一番偉い人になりました。
ボクの家のお庭番をやっていた人です。
ボクはそれを影で操るフィクサーです。
ボクさー。
フィクサー。
ルンルルン。
(≧∇≦)b



勇者オクナカはレベル64歳に上がった!
勇者オクナカはレベル65歳に上がった!
勇者オクナカはレベル66歳に上がった!……



……勇者オクナカはレベル83歳に上がった!

アレアレ困りましたね。
美味しいものを食べて何もしないでいたら、最近ちょっと肥ってきてしまいました。
( ̄∇ ̄)
体重は120キロを超えてウエストは160センチほどありますし太股は象の足のようです。
でも心配には及びません。
友人のT美容整形医院のT院長に頼んで全身脂肪吸引してもらいました。
ズインズイン吸ってもらったら元の体重57キロに戻りました。オマケに全身若返り美容整形手術も受けました。
八つに割れた腹筋。
美しい。
今年83歳になりますが、ハタチの時のボクの肉体と全く変わらない姿です。
これでまた美味しいものが食べられるなぁ。
通常だとこの全身脂肪吸引ゴールデンコースと全身若返り美容整形手術は合わせて547億8千万円かかるんですけどT院長はマブダチなのでチロリンチョコレートを一粒プレゼントしたらタダでやってくれました。
ラッキー!
(^o^)
彼は本当にいい人です。この国を戦前の姿に戻そうと活動しています。
全く興味ないけど友達だからボクは彼の愛国活動を支援しています。
年間6000億円ほど支援しています。
こういうのが活きガネを使うと言うのです。
T院長には賛同者が多いです。カネの匂いのするところにはボクは投資を惜しみません。
持ちつ持たれつの関係です。
こんな厚い友情関係、庶民の豚どもには無理だよね。
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ



勇者オクナカはレベル99歳に上がった!

「俺はガムダルで行く!」

一機55兆円の特注で造らせた汎用人型モービルウェポン『億中専用ガムダル』(身長18メートル)に乗り込んで、さあて今日はオーツダ・エリアのスラムみたいな貧乏街を破壊しますよー。
壊された家々。
逃げまどう人々。
荒れ狂う怒号と悲鳴。
全員もれなく安い臭いゲスいジャージ姿の老若男女に向けて容赦なくミサイルを叩き込みみんなまとめて黒こげに致します。
見ろ、人がゴミのようだねー。
操縦するの慣れてきたから楽しいな。
毎回の事ですが安い自動車を使って抵抗してくる奴らも中にはいます。
そんな連中にはビームライフルを連射して根絶やしにします。
街全滅。
ゴメンチャイ。
(≧∇≦)b
だいたい一回のゲームで万単位のヒトが死ぬまでボクは続けます。
満足するまで。
え?責任は一切取りませんよ。当たり前じゃないですか。
だってボクがやったって事にならないですから。
犯人は毎回、どこかの国のテロリストという事になっています。
そこはうまく政府とメディアが情報を流してくれるのです。
お金を上げてるし、もう完全にボクの国ですからね、この国は。
空を飛んで帰って、秘密基地の格納庫にガムダルを収め、長いタラップを降ります。
総勢2500人の精鋭美女部隊が拍手喝采で出迎えます。
みんなすごく綺麗。
後でまとめて抱きます。
さっき悲鳴を上げていたアリさんたちの顔が目に浮かびます。
カ・イ・カ・ン。
((((*゜▽゜*))))
ああ楽しい。アリ潰しは楽しいな。
でもやめられないかと言われればそうではなく、やめようと思えばいつでもやめられます。
「命はとても大事ですしね」とか一応言ってみた。
ウェ~イ!
(*´∀`*)ノ



勇者オクナカはレベル〇〇〇歳に上がった!

やあ。
ボクは神さ。
神だよ。
もはや神でございます。
神ちゃんです。
テへ。
(*ゝω・*)ノ
とうとう億中コーポレーションは地球全体と月と火星を手に入れたんですよ。
国連加盟国193カ国全てがボクのものになりました。
だからめんどくさいから世界中全ての国を統合して、

『神聖大億中要蔵帝国』

という名前にしました。
ボクが皇帝です。
月と火星にも人を送り込んで人口20万人程のコロニーが出来ています。
それぞれに『オクナカムーンランド』、『マーズ億中共和国』という国名を授けて管理しています。
わざと緩い自治権を住民に与えているので、将来的に民衆が蜂起した独立戦争とか起きたらとっても面白いですね。
まあ全力でぶっ潰しますけど。
皆殺しにします。
はい。
地球の人口は丁度いい感じになるよう46億人ぐらいに調整しています。
時折ヒマだからいらないイケてない地域を選んで核戦争を起こして滅ぼして遊んでます。
ゴメンねゴメンね~。
(≧∇≦)b
気象変動装置と地殻変動装置を開発して干ばつ、サイクロン、殺人猛暑、大寒波、大地震など天変地異を起こせるようにもなりました。しかも同時に。
ワクワクが止まらない。
それでたまに豊作やサバクトビバッタ大発生を繰り返して一喜一憂させます。
生活のリズム。これが大事です。
やっぱり娯楽は必要だよね。庶民もそれを望んでいるし。
荒れ果てた田畑で呆然と立ち尽くすアリの農民たち。
ボロボロの自分たちの状況に悩み苦しんで、まぁたまには己のココロに問うてみて下さいませ。
無駄な作業だと思うけどね、だってココロなんてないから。
テへ。
(^o^)(^o^)(^o^)
そんな事はどうでもよくて、ボクも388歳になって今日もバリバリ元気です。
八つに割れた腹筋を撫でる。
鏡にはハタチの時のボクがいつも変わらずそこに映っています。
脳は人口脳です。
永久に稼動します。
朝食は絞りたてのフレッシュなミルクをゴクゴク飲んでパイナップルバーガーをひとつ。美味しい。モグモグ。
もう朝の満漢全席には飽きました。シンプルなのがいい。
ボクの別荘、ドバイにある2537階建てのオクナカプラチナムタワー(外壁から内装まで全てが純プラチナ製です)の最上階から街を見下ろすとオヤオヤ、みすぼらしい車がいっぱい走ってますね。ミルツェンデスやらテセタンロッセやらの貧乏大八車が。
最近動かしてないけどそろそろまたガムダルの出番かな。
世界中の働きアリたちの平均寿命は遺伝子操作をしてあるので35歳ぐらいで、子供を7~8人産んで次々と死んでいきます。キッチリ死ぬまで納税してもらい、もう彼らに老後はありません。
短いとは思いません。どうでもいい人生、長生きしてもらってもしょうがないですからね。
アリさんの生活。
それを観察するのは楽しいですよ。
飽きたら核戦争でリセット。その繰り返し。
ここはドバイなので階下には比較的裕福なアリが暮らしているけど、それでもアリがアリでしかない事に変わりはありません。
一生(短い一生)懸命(馬鹿なりに)働け愚民ども豚どもアリども。
あ、自分の子供なんていらないですね。
ボクが子孫であり、ボクが未来なのだから。
さあて今日は何をして遊ぼうかなー。
そうだ今日はロンドンで14歳のYさんのクローン1000万人によるオクナカ♥️♥️ラブラブ♥️♥️パレードの日だ。

あーよかった。
ボクひとりだけが人間で!
(*ゝω・*)ノ


         おしマイケル!

天(あま)かけるド金持ち

最後までご覧頂きありがとうございました。一人の人間、億中要蔵の人生を通して人間として何をやるべきかを考える一石になれば幸いでございます。

天(あま)かけるド金持ち

世界一の金持ち、億中要蔵の非日常的日常を描いた一般庶民ディスり放題小説!

  • 小説
  • 短編
  • SF
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-08-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted