車輌転生 3

マチミサキ

これで
牡丹餅とお汁粉が
もう嫌だってくらい
おなかはち切れるくらい
食べられたら

世界で1番幸福な今日を送った
人間になれたのにな。

残念無念。

あー、でも
お腹の上で眠る猫も要るか、
けっこ足りないものだらけかなぁ。

できました。

私は怪物をこの世界に
送り出してしまった。


━━━━━☆

トラブルシューティングに次ぐ
トラブルシューティング

一方が作動すれば
一方が駄目になる

大気圏から狙い撃つ
ロックオンストラトスが如き

超精密射撃のようなシューティングの結果

ようやく
原因が判明

と、ある回路の接触不良ですね。

これが
角度や衝撃に
よっては機能してりしていたから
タチが悪い。

某国のエンジニアさんに
特注したものですが
幾つかのペアになる部品で

互いを入れ替え
テストランを繰り返し
それが判明。

なにしろ
上記の原因により
テスターでも判明しなかったので。

罠ですよ、ワナ。

問題のパーツを全バラにしてから
駄目なトコを知恵と工夫で
なんとか
国産製品で代用出来たので良かった。

規格で駄目かとも
諦めかけましたが
なんとかなった。


とりあえずまだ
配線は室内に
まるで南国マングローブのように
絡み合いながらの
剥き出し状態なのですが
求めていた機能は
おおよそ揃った。

システムオールグリーン。
これも
本当に。

異常時には赤いアラームが
異常音と共に作動し
良好ならば無音で緑、
というパイロットランプが
ズラリと並んでおります。

パパパパパパと
順序よく絶妙なタイムラグで
点灯していくのがまた素晴らしい。


でも実は

まー、まだ二ヶ所ほど
やるところはあるのですが
これは
後からでも簡単に出来るよう
加工しておいたので大丈夫。

かなり汎用性の高い
メーカーにより
グレードもまちまちな
消耗品を組む場所なので
その方が良いか、と思って。

こういった気の利いた
小技が私らしい。

いってみれば
お部屋のコンセント感覚で
家電が変えられるようなものです。

そうそう、
クルマに名前を付けました。

2000GTの七宝焼みたいな
焼き物製にしようと考え
オリジナルエンブレムもいまデザイン中です。

その銘も【玉兎】と。

けして
高速走行には向かない
徹底した低速スペシャルでありながら
オンオフ問わずの走破性は特筆もの。

アスファルトのみならず
跳ねるように荒野をも駆け廻る。

万が一
チーターみたいな
スポーツカーなんかに
狙われても
スピード以外のもので勝負して
逃げ切る逞しい草食小型獣スタイル。

一般的な舗装路でも
最高速はお世辞にも凄いとは
言えませんが

瞬時におけるダッシュ加速は
我ながら
なかなかの仕上がりかと。

そして
走る場所を選ばず
さらに
全天候に対応する
災害特化仕様型として
私なりに突き詰めた
ひとつのカタチの具現化。


最大の特徴は
この異常な程、多岐に渡る各種レーダー。


ライト周りの一部の
某特殊センサーが任意により発動すると
妖しく赤く輝くのも
兎の真紅の眼差しのよう…。

この他にも
メーターがスクランブルブースト時には
トランザム状態
緊急警告色になります。

本当はここ
メイン液晶に【 TRANS━AM 】とか
英語表記を用いて
点滅表示するようにしたかった。

リミット時間とかもカウントダウンで出して。

そこは

譲ってしまった
わたしのこだわり。

やれなくはないが
お高い上に
費用対効果が薄い。

・・・

とはいえ
内部はともかく
主に外灯火器に赤色は基本
我が国では御法度なので
そこは
ちゃんと配慮してあります。

赤は
救急車輌とか専用なのですよね、たしか。


あまり
詳しくは書かないでおきますが
ありとあらゆる情報収集が出来る、
というところに
1番、費用と手間が掛かっております。

こんなに
センサーやカメラを取り付けた車を
私は見た事がない。

哨戒機ですな。

それか
強硬偵察機。

人間の感覚器では
およそ
補えないレーダー機器の山は
ウサギの長く大きな耳。

□□

玉兎というのは
そもそも
西遊記にも登場する
月の女神様の御付き。

配下のひとりです。

ひとりって言って良いものかは
迷いましたが。

人間では無いので。

その正体、本業は
月で神薬を作る薬剤師なのです。

日本では
月でお餅を搗いてばかりいるように
思われがちですが
実はあれは薬作りが本来のスタイル。

満月を望月(もちづき)というように
そこから
望月が餅搗(もちつ)きになったと
云われていたりします。

兎は縁起が良い。

跳ねる姿から
躍進を表したり。

海外のラビットフットなんてのも有名。

ちなみに
あの有名昔話

【竹取物語】

その《かぐや姫》こそが
この玉兎の仕えていた月の女神さまではないか、
という話を何処かで聞いたような記憶が。

ほら
最後
月からのお迎えを返り討ちにしようと
帝が配置した兵士達が結局
何の役にも立たず
バタバタ眠っちゃったりするでしょ。

あれも
ひょっとしたら
玉兎が作った薬なのかも。

殺傷性がなく
戦闘能力だけを無効化できるような
そんなのを
一応は
自分の主人を育てた
地元ピーポーに対して配慮し
調合したのかも。

さて、それでは
車内が工具やら機材やらで
メチャクチャなので
少し片付けたら
ニュースタイルを引っ下げて
お出掛けしますか。

車輌転生 3

ちっとまだ陽が高いけど
祝杯を上げております!

夏場にお約束の
ミントジュレップ

ただしガムシロ抜き

使ったのは
フォアローゼズ

うまー


いや
マジで美味いよコレ。

おつまみは
クレソンとミニトマトとチーズ。

それと
さっきテストランも兼ねて行った
と、ある県のアンテナショップで買ってきた
なんかちょーデカイ唐辛子。

『とびきり辛いです!ご注意!!』

このPOPに惹かれて。

甘いのより
辛いのが好き。

オーブンで素焼きしただけに
生醤油と鰹節のみ。

だいたい唐辛子系のカプサイシンって
水溶性だから
炊くのより
焼いた方が辛味は際立つと思って。

ハ、

たしかに
突き抜ける感じの辛さ!

ピリ辛じゃない
ビリビリ来る刺激♪

さいこー。

30年以上は軽く前の新品
下ろし立て
ペンギンズメモリーのタンブラーがまた良い。

泣かせる味じゃん。

特別な時におろそう、と
手に入れてから
ずっと取って置いたのです。

当時のCMを流しながら
楽しんでいます。

サントリーじゃなければ
ビールですら無いけど。

美味ければ
それで。

車輌転生 3

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-08-02

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted