人魚姫と海の雪/溺れる

深山瀬怜/浅谷てるる

  1. 人魚姫と海の雪
  2. 溺れる

8/1の300字SSの作品です。「終わりへ向かう始まりの歌」の二人で、「泳ぐ」がテーマです。

人魚姫と海の雪

 王子様を殺せなかった人魚姫は、海の泡となって消えてしまいました。
 それで死んでしまえるのだからまだ幸せじゃないか。そんなことを言ったら誰かに咎められてしまいそうだから、その言葉はしまっておく。
 これは愛ではないと言い聞かせながら、君の首を絞めた。いつもの儀式。死んでしまえばお互い楽になるとわかっていても、僕はその一線を越えられない。
 それならいっそこのまま海に身を投げてしまおうか。きっと僕は泡にもなれず、君のいない海の中で泳ぎ続けるのだろう。

溺れる

 人間は生まれる前、胎内で泳いでいるんだと誰かが言っていた。だとしたらこれは胎内回帰願望とか言うやつなのだろうか。生まれてきたはずの場所は今は冷たくて、代わりに深い青色の海の中で俺は泳いでいる。
「――姉さん」
 その海は暖かく体を包み込んでくれる。ここが還る場所のような、本当はこの海の中を泳ぐべきだったのではないかと、そんなことを考える。

 泳いでいるのか溺れているのか、今はもうわからない。

人魚姫と海の雪/溺れる

人魚姫と海の雪/溺れる

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-08-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted