自選短歌 2020年7月

くろだたけし

無実だと決められてから白くなり汚れることを恐れはじめる

焼売のグリンピースが転がってあとに残ったきれいなくぼみ

どっちみち食べられるからキャベツには同等である人と青虫

置き去りのスーザホーンが夕焼けを浴びて狂ってゆくグラウンド

近づけばみんな僕から逃げていく猫も小鳥も虹も夕陽も

凹凸(おうとつ)をならしていたら凸凹(でこぼこ)になっちゃうぐらい不器用でした

右ききを時に疑う字が汚いハンコが曲がる卓球が下手

飛ばないと決めた時からその鳥はペンギンとしてまっすぐに立つ

眠るたび夜へと溶けていく夢に少したましいも混じっている

それとさす指の先から泳ぎだし葉陰に遊ぶ鬼火は蛍

自選短歌 2020年7月

自選短歌 2020年7月

2020年7月に「うたの日」で発表した短歌からの自選10首です。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-08-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted