大滝の曼陀羅

草也

大滝の曼陀羅
 

暴れ川の大川がイワキのクニととイワセのクニの、反目する境界だ。時おり切り落とされるカズラ橋が架かる。
イワキ側に巨岩の川床の落差がうんだ滝がある。人々は大滝と呼んだ。滝壺には巨大な鯉が棲息し、人すら飲み込むと信じられていた。

カズラ橋のイワキ側の付け根に、滝口と呼ばれる温泉が湧き、湯治宿が一軒だけ建っていた。そこから東に切り立った山は石山で、滝根という一軒家だけが代々、細々と石材を切り出している。滝口の分家が一軒、石山から南を開拓して貧農を営んでいる。滝口と滝根は婚姻を重ねてきた。
ある時、滝口に何人目かの狂人が産まれた。カズという色情狂の女だ。17歳のカズは、旅籠に一夜を求めたヤマトから来た旅の僧と、瞬時に紊乱な恋に落ちた。

カズは許嫁の滝根のイシとも、幼い頃から性交していた。直感で気に入った者とは誰とでも交わりたい性なのだ。
汚濁の現場を目撃したイシが、真裸の僧を殴り殺して大滝に投げ込んだ。即座に鯉が現れ、僧の頭を呑み込んだ。
カズの狂気は生涯治まる事はなかった。カズは4人の子を孕んだが、産まれるとすぐに、イシが大滝に放り投げた。そして、両家の縁組みは途絶えた。

時は数百年も下り、1943年の盛夏。和枝と草生、勝彦の物語が、その地で始まろうとしていた。
出征を三日後に控えた二十歳の草生と同い年の滝口和枝が、大滝を臨む朽ちた小さな社の月明かりで、狂おしく情交していた。
草生はイワキのある部落の男だ。二人は国民学校の同級生だ。19歳の盆踊りの夜、二人は邂逅し、劣情の赴くまま蒸す湿気に包まれて交わった。戦時下の草生の行く宛もない貪欲な性欲は、遠くの紡績工場で働く和枝の変容した、淫潤な姿態の虜になった。そして、まとわり付き吸い付く媚態に耽溺した。和枝の甘酸っぱい乳房に唇を這わせながら、草生はある記憶を辿る。
臭いと囃し立てられていた和枝をかばい、級友達を一喝した。草生を見詰める和枝の潤んだ瞳の風景だ。女になった和枝の体臭は、オスを呼ぶ悪徳の媚薬に変じたのだ。

この無自覚に残虐な女は、幼なじみの滝根勝彦と早くから性交し、もはや爛熟していたのである。

戦争が終わり、シベリアに抑留されていた草生が48年に帰還した。和枝は勝彦と結婚していた。草生は言い訳をする和枝を抱いた。女の姿態はさらに淫楽に激変していた。嫉妬で狂乱した草生は、呼び出して勝彦を撲殺し、大滝に無造作に投げ捨てた。
その日のうちに草生と和枝は出奔して、戦後の闇に消えた。
勝彦の遺体は浮かび上がる事はなかった。
人々は誰しもが、あの戦争で死についてあまりに無頓着になっていたから、すぐに忘れた。


      ー終ー

大滝の曼陀羅

大滝の曼陀羅

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-08-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted