幸せじゃないから死ねない

.

いくら自分で性格が悪いと言おうがなんだろうが、結局自分の中にまともな倫理観が少しでも存在している以上狂いきることなんてできないし、拗らせている部分の上澄みを掠め取って人様に披露しているけれど触れてほしいのはそんな部分じゃなくて、腹の底にずっと居座ってるドス黒い感情ごとむきだしの愛を引き摺り出して欲しかったです。


わたしの愛。愛はどこ?愛ってなに?


愛は金より軽くて何より重いんだろう。ぼくの体重とか?


あ〜お金で買えないものが知りたいな
ねえSiri、お金で買えないものを教えてよ


私が積み重ねてきた20云年の時間を救ってあげるには今の自分を殺すしかなくて、どうせ死ぬなら君の膝の上がいいな。生まれ変わったらまた同じ場所で君の飼い猫としてニャーだなんて泣いたりしてみたいかもしれない。

かもしれないって言うのはもう二度と関わりたくないからで、それでもみたいかもって思ってしまうのは大切だった人の幸せを近くで見れることも一つの救いに繋がるかもという淡い期待がそこにあるから。


そんなのどこにもないよ。ウケる


きっと私の人生の中にはバカなことをバッカじゃないの?って言ってくれるような他人の心の中に土足でズカズカ上がり込んでくるような失礼な人間が存在しなかったんだよ。悲しむべきことなのかはわからないけど、悲しいことなのかもしれない


こうやって書いたってどこまでも他人事にしかならなくて、言葉と一緒に宙に浮いてしまってる


地獄はまだ遠いね

幸せじゃないから死ねない

幸せじゃないから死ねない

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-08-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted