自由律句 31

西川 真周

自由律句 31


どれもこれも太陽のせいにしておく


壁のカレンダーが三ヵ月前


二枚の鏡で後頭部見ている


灯台としての真夜中のコンビニ


車ごとスピーカーみたいなことになっている


夜中のラーメン屋に幼児がいる


幼児がスマートフォンをいじっている


炒飯に付いてきたスープ風お湯


中華屋でもらえるクッピーラムネ


ソフビのウルトラマンの足裏に名前


ワークマンで私服を揃える父


父のグローブはとても柔らかくて臭かった

自由律句 31

自由律句 31

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-07-31

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted