蛇の嫁入り

草片文庫(くさびらぶんこ)

蛇の嫁入り

茸の絵師の物語です。縦書きでお読みください


 木野(きの)が信州の草衛門が送ってきた佃煮の入った樽を、城に届けに行って帰ってきた。草衛門は一年ほど前、茸の佃煮を信州から運んできて、江戸で売り歩いていた浪人者である。茸の佃煮を作るようになったいわれはとても面白い話で、物語にして茸酔のだしている茸草子の一つとしてよく売れた。城に草衛門の兄が勤めていることから、彼の作る佃煮を茸酔を通して城に納めることになったのである。その役割を木野がやっている。城から受け取った代金は、信州から実家の宿に毎年来る、茸採りの熊蔵に託して草衛門に渡すことにしている。
 「おじさん、こんなにたくさん駄賃もらったよ」
 城の台所に行くと、係りの女中さんが木野に佃煮の代金と運び賃を払ってくれる。
 「そりゃあ、よかった、だいじに使えよ」
 木野は茸酔の姉の娘で、茸酔の師匠である虎酔の世話に住み込むようになり、師匠が亡くなってからも茸酔を手助けしている。
 「お城の台所で働いているおばさんが面白いことを言ってたよ」
 「なんだい」
 「おいしい茸を見つけるのに蛇を使う人がいたんだって」
 「どこにだい」
 「上州だって」
 「あのあたりも茸がたくさんでるからな、面白そうな話だな、そのおばさんに話は聞けないかな」
 「聞いてみるね、米さんは深川の長屋に住んでいるって言ってたから遠くないよ」
 それから数日して、木野が米ばあさんを連れて、茸酔の屋敷にやってきた。仕事の休みの日だったようだ。
 「よく来てくださった、どうぞ入ってください」
 「ありゃ、木野ちゃんはいい家に住んでいるだね」
 「おじさんの家、私はここに奉公しているの」
 「木野ちゃんのおじさんかね、どうも米です、米を炊くしかでけねえんですけどね、蛇の話はできると思うよ」
 米さんは、こんな立派な家に上がったことがにゃい、などと言いながら、どっこらしょと玄関をあがった。
 「おじさん、茸の絵を描いているの」
 「そうかね、あたしゃ、茸は食べるのがいいね、木野ちゃんの持ってくる茸の佃煮うまいんだけどね、誰も残さないのでね、なかなか食べれないよ、残ったらもらえるんだけどね」
 「木野、うちにはあるんだろ」
 「うん、あるよ、米さん、帰りに持ってってよ」
 「そりゃ嬉しいね」
 米さんは座敷に通された。
 「あんりゃま、きれいな部屋だこと、だけど、庭がごちゃごちゃだね、うちの長屋に庭師だったじいさんが住んでいるよ」
 茸酔は庭の手入れなどは苦手である。
 「それじゃ、いつかたのみますよ」
 「ああ、伝えとくよ、もう隠居のじいさんだから、仕事がもらえると喜ぶよ」
 米さんんは座布団の上に座ると、「あ、あそこに茸がはえとる」と庭を見て、椿の木の下を指差した。
 茸酔が見ると、小さな桃色の茸が生えている。針金のような細い幹に透き通るような傘がかわいく揺れている。茸酔は灯台元暮らしだと反省した。
 「米さん、目がいいねえ」
 お茶とお菓子を持ってきた木野が驚いている。
 「そりゃあね、あたしゃ、榛名の山で育ったんだ、山歩きばかりしていたので、遠くのものはよく見えるんじゃ」
 「榛名は私も佐渡に行くときに泊まりました」
 「ほうそうですかい、いいところじゃろ」
 「はい、榛名山にもいって、茸の絵をたくさん描きましたな、湯も良かった」
 「そうじゃろ、若い頃は湯の宿で働いておりましてな、そこに泊まった江戸の男に惚れられましてな、まあ腕のいい大工で、江戸のお城の養生などをたのまれていたようで、稼ぎは悪くなかったので、親の方がもらってくれと、勝手なことを言って、くっつけられましてな、ほほほ」
 どうも話すのが好きなおばあさんだ。
 「それで、江戸に出てきたら、それでもそのころは新しい深川の長屋に住むことになりましてな、こりゃあいいと思いましたよ、八人の子供を産んで、男の子はみな手に職をつけ、娘は嫁にいって、じいさんと二人になって、じいさんはまだ城の直しの時には呼ばれるが、あたしゃ、なにもすることがない、じいさんが城に行ったときに飯炊き女を捜しているということで、五年も前だろうかね、働くようになってね」
 「米さん、お茶がさめるよ、この羊羹おいしいからたべて」
 米さんはお茶を飲むのも忘れて自分のことをしゃべっていたのだ。
 「おじさんが、蛇のこと聞きたいって」
 米さんは「旨い羊羹だこと」と食べてお茶を飲んで、それから、
 「そうでしたな、蛇と茸だな」と笑った。
 茸酔は書き留める紙を手に取った。
 「榛名山に旨い茸を採ってくる男がおってな、その男は長助さんといって、鶏を飼ったり畑をやって暮らしている独り者だった。あたしが働いていた宿でも長助さんから卵、それに山から取ってきた茸や山菜を買っていましてね、滑子、椎茸、舞茸だってほかの茸採りがもってくるのとは違うんだ。肉厚で味がいいものだったな。殿様が泊まるような宿で高く買うので、他の宿にはもっていっていなかった。どうしてあたしが働いている宿に長助さんが茸を入れてくれたかというとな、長助さんは宿の女将さんの甥っ子だったんだよ。妹の三番目の息子でな、女将さんのおっかさんが若くして亡くなったんで、妹は女将さんが育てたようなものだったんだな。妹の息子たちはみなしっかりした男たちで長男は越後に、次男は越中で、それぞれ商売を始めて嫁をとった。三男の長助が残って母親の面倒をみたわけだ。そんなことがあって、長助は採ってきた茸をうちの宿に安くいれてくれたわけなんよ」
 一緒に聞いていた木野が「長助さん茸のことよく知っていたんだね」と言った。
 「それがねえ、茸のこと何にもしらんのよ、長助は子供の頃から茸が嫌いでな、食べない子だったそうだよ、茸は栄養があるし、母親は採ってきて食べさそうとしたんだけど、いやがって逃げ回ったんだよ、野菜はよく食べたそうだけどね、だから茸採りに行ったことなどなかったんだよ」
 「それでどうして美味しい茸を採ってくるの」
 木野が不思議そうな顔をしている。
 「大きくなってから長助は鶏を飼うようになり、世話がとても巧くてな、鶏がよく増えるし、卵もたくさん産む、それを宿屋などにおろしていてな、また、その卵が美味くてな、黄身がが大きくてしまっていて、高く売れておったよ、それもうちの宿にいれてくれてたな」
 「鶏と茸がどう関係あるの」
 「木野ちゃん、以外とせっかちだねえ」
 米さんが笑った。
 「ところがな、鶏の卵をねらってな、鼬は来る、狐は来る、猿までが来よってな、それで長助は竹を切り出して、囲いを作って、屋根までつけた。鶏小屋をこさえたのさ。夜は鶏をそこに入れて、朝、卵もそこで産ますようにしておったんよ。鶏は朝日が当たってしばらくすると卵を産むもんじゃから、卵を産んだら小屋から出して庭に放った。
 ともかくそうしたことで、狐や猿はそれであきらめたようだけんど、朝早く山に入って、山菜など採って帰ってくると、卵が小屋からなくなっていることがあった。どうも鼬のようなんだな。鼬はいつの間にか隙間から入っちまう。それで、隙間がないように、だけど日の光は入るように考えて作り直したんだ。ところが、やっぱりいつの間にか卵が盗まれる、盗んだ奴はどこかに持って行ってしまう」
 「近所の誰か盗みにきたんだ」
 「人間じゃないやね、長助は人がいいから、隣近所にゃ分けてやっていたからね、そんなことはしないさね」
 「鶏が自分で食っちゃったんじゃない」
 「木野ちゃんは面白いね、だけど違うんだよ、鶏を庭に放して、山などにちょっと行っている間になくなっているんだよ、それで長助は鶏小屋を調べたら、土に穴が開いているのを見つけたんだ、それで、朝、鶏を外に出したあとに、卵をとらずにおいてみていたら、穴から顔を出した奴がいた」
 「もぐらだ」
 「木野ちゃん、モグラが鳥の卵食べるかい」
 「じゃあ、ネズミ」
 「ネズミだとかじり散らかすだろう、殻なんかなんもないんだから違うんだ」
 「なんだろう」
 木野は思いつかなかったようだ。
 ここからは米ばあさんが何回か足を運んできて、聞かせてくれた話をまとめることにしよう。
 卵を持って行ったのは蛇だった。赤っぽい蛇で、にょろにょろ穴から出てくると、鶏の卵を大きな口をあけて飲み込みながら、いそいで穴の中に入っちまった。あっと言う間の出来事だったんで、長助は捕まえることができなかった。それで次の日の朝、長助は鶏を外に出すと、小屋の中で蛇がでてくるのを待ったんだ。すると出てきた、長助は赤い蛇の首根っこを捕まえて鶏小屋から引っ張りだした。
 真っ赤な蛇で見たことがない奴だ、ヤマカガシとは違うようだが、あごが張っていないから毒蛇じゃないだろう、食っちまおうかと、長助は台所に持っていった。
 長助が蛇を見ると、蛇も長助を見た。すると蛇のつぶらな黒い目から涙がぽとりと落ちた。長助は生きもの好きで、なんだかかわいそうになってきた。そう思うと、もう食べることなんかできないや。
 それで、蛇を持ったまま、裏山に行って、こう言った。
 「卵を一つだけ残しておいてやるから、ほかの蛇がこないように鶏小屋を護れよ」
 それで、蛇を放してやったんだ。
 それから、朝、鶏小屋から卵を拾うとき、一つだけ穴のそばに残してやったそうだ。すると必ずその卵はなくなっていた。そうして朝早く山で仕事をして戻ってきたときでも、そのままにしておいた卵がなくなることはなかった。
 それは毎日続いたそうだ。ともかく長助鶏の卵はおいしいと評判になって、よく売れた。それから数年たち、父親と母親が相次いで他界したあとも、長助の卵は高く売れて、生活できておったんだ。
 そんなある日、鶏小屋をのぞくと、赤い蛇がとぐろを巻いて卵の中におった。
 「一つ食っていいぞ」と長助はいい聞かせるように言ったそうだが、蛇は長助の方にはいずってきた。それで、鶏小屋を開けてやると、外にでてきて、台所にやってくると、口の中から大きな茶色い茸を吐き出した。
 長助は茸がきらいだったので、何の茸かもわからない。長助がその茸に近寄らないことを見て取った赤い蛇は、はきだした茸を咥えると突っ立っている長助の足下に持ってきて置いた。
 長助にも蛇がその茸を何かしろと言っているのがわかった。ともかく長助はその茸を拾い上げた。すると長助の好きな苺の香りが立ち上った。そのあたりでは苺は採れなかった。寒いところで苺はうまく育たない。
 まだ子供の頃、駿河からの旅人が榛名山に上る道を遊んでいた長助に尋ねた。長助が教えると、青い苺を一つくれたことがあった。その旅人が言うには、駿河では、苺は真っ赤になってから食べるのだがすぐだめになる、だから青いまま持ってきたということだった。いつも腹が減っていた長助はすぐに口に入れた。酸っぱいがいい香りがして、とても旨いものだと思った。その記憶は大人になっても消えなかった。いつか赤い苺を食べたいものだと思っていた。
 そんなときに、赤い蛇が持ってきた茸の香りが苺にそっくりだったのだ。旅人がくれたときと同じように、長助はその茸を水で洗うと齧った。
 茸なのに甘酸っぱくて、とてもうまいと感じた。
 それを見ていた赤い茸は、腹の中からいくつもの同じ茸を吐き出した。
 母親が茸をゆでたり、ほかのものと一緒に煮たり炒めたりして食べていたことを思い出した。
 長助は蛇のはきだした茸を水で洗って笊にあげた。蛇を見ると、満足そうに土間から外に出るところだった。
 「ありがとよ」と声をかけると、赤い蛇がちょっと振り返った。目が喜んでいるように見えた。
 長助はその茸をゆでると塩につけて食べた。畑の野菜より旨かった。茸がこのように旨いものだとは思っていなかった長助は、山にいくらでも生えている茸を採ってきて食べてみることにした。
 子供の頃あんなに嫌いな茸だったが、とても旨いと感じるようになった。
 それからは山にはいると木の実だけではなく、茸も採るようになった。ただ、困ったことがある。長助は毒茸と食べられる茸を見分けることが苦手だった。採ってきた茸を、茸採りを生業としているじいさん、名前を権と言ったが、に選んでもらわなければならなかった。それで、権じいさんに頼んで、茸採りについて行った。毒茸を教えてもらうためである。権じいさんは親切にいろいろ教えてくれて、舞茸の採れるところもいつか教えてくれると言っていた。
 ところが何度か一緒にいったあとに、権じいさんが死んでしまった。もういい年であったのだが、急なことであった。医者はぽっくりだと言っていた。いまでいう脳溢血か心筋梗塞なのであろう。
 こまったのは長助である。せっかく茸のことを少し覚えたのに、まだまだ知らないことの方が多い。ほかに周りには教えてくれる人がいなかった。
 仕方がないので、朝早く一人で山に入った。
 周りの茸を見ながら権じいさんと一緒にいった林の中を上っていったのだが、わからない茸の方が多い。みなが喜ぶ舞茸の見つけ方もわからなかった。
 権じいさんが、あっちの山に舞茸の生えるところがあるんだと言っていた場所に来た。そこからはどのよう探したらいいか全く見当がつかなかった。まごまごしていると、足元の土の中から赤い蛇が顔を出した。赤い蛇は下草の上に這いだすと、長助を見てこちらだというように尾っぽを振った。蛇がにょろにょろと進んでいく。蛇の通った跡が道になっている。蛇の道だ。長助が蛇のあとをついて行くと、隣の山に行き、林の中を歩いていくと、ブナが生えているところにでた。赤い蛇は一本の古いブナの木のところでとぐろを巻いた。長助はそのブナの後ろを見た。あった。大きな舞茸がずっしりと天に向かって生えていた。
 長助は舞茸を採ったことがなかった。初めて出会った舞茸がこんなに大きく、どうやって採ろうかとまどっていた。すると蛇が舞茸の根本をぐるりと体で巻いた。ぎゅぎゅぎゅっと赤い蛇は体に力を入れると、舞茸が根本の少し上からスポットとれ、とぐろを巻いた蛇の上にのっかった。そして蛇が長助を見たのである。
 おとりなさい、と言っているようだった。
 見とれていた長助は両手で舞茸を持ち上げた。
 ずっしりと重い。長助がやっと笑った。なんだこれは、この舞茸は苺の匂いがする。
 蛇はそれを見ると、するするとすべるように帰って行ってしまった。
 長助は礼を言うのを忘れた。明日鶏小屋で出てきたら言おうと思い、舞茸を背負い籠に入れた。
 それを持って、おばさんの宿屋に持って行った。台所で料理をしていた旦那にわたした。
 「長さん、すごい舞茸だね、こんな立派のを見たことがないよ」
 旦那は手伝いに「あいつを呼んでくれないか」と声をかけた。
 すぐに女将さんが、「なんだい、おまえさん」と台所に顔を出した。
 「長さんがすごいの採ってきたぞ」
 おかみさんも舞茸に目をやると、「こりゃあお城もんだねえ」と舞茸を手にとった。
 「重いねえ、茸嫌いの長さんがなぜ見つけたのだい」
 「偶然だよ」
 ととぼけた。
 「高く買うからおいてってね」
 「いいよ、やるよ」
 茸を特に食べたいと思わない長助は手を振ったが、旦那が「長さん、それだから嫁さんこないんだよ」と笑った。
 「それじゃ、ふつうの舞茸として代金を払うよ、うちはそれで大助かりさ、おまえさんのところの卵もいい卵だよ、これからもおいしそうな茸をみつけたら採っといでよ、買うからさ」
 おばさんは女将さんの顔に戻って、客を迎える準備に行った。
 こうして、かなりのお足を懐にした長助は家に戻り、鶏の世話と畑の仕事に精を出した。
 次の日、鶏小屋に卵を食べに来た赤い蛇に「昨日は、世話になったな、好きなだけ卵を食べろや」と言った。蛇は目をしばたかせてうなずいたようだ。
 長介はまた朝早く山にはいった。茸も採っていけばおばさんの宿で助かることがわかった。ただ長助は毒の茸を見分けるのにまだ自信がなかった。本当に自信があるのは舞茸のようなよくわかる茸である。滑子や占地もなんとかわかる。それらの茸なら採れるだろうと思っていた。
 舞茸を採ったところまでいこうと周りを見ながら歩いていくと、また赤い蛇が土の中から顔を出し、長助の前をにょろにょろと這っていく。途中で木のわきに生えていた黒っぽいおおきな茸のところで止まるととぐろを巻いた。長助はその茸を採れと言うことだと思って籠に入れた。同じものがいくつかあった。赤い蛇が奥の方に入っていくと昨日、舞茸を見つけたところについた。いくつか舞茸があった。それを採ったら。蛇はさらに上の方に這っていった。大きな倒木に上るとこっちに来いといった目で長助を見た。長助が追いつくと、倒れた木の裏にびっしりと大きな滑子が生えていた。
 赤い蛇は長助が嬉しそうに滑子を籠に入れているのを見ていた。またおばさんの宿に持って行って喜んでもらえると思っていたのだ。長助は人が喜ぶことをするのが好きなようだ。
 そこで半時ほど茸採りをすると、赤い蛇は戻り始めた。長助も後をついて戻った。赤い蛇は途中から穴にもぐっていなくなった。
 その茸を宿に持って行くと、これまた旦那がびっくりした。
 「こりゃあ、香茸だな、まだ堅くなっていない、飯に混ぜるといい香りでいい味の飯ができる。いい茸をみつけたな、滑子もすごいな、こりゃ塩漬けにしてとっとけばいつまでもつかえるな、長さん、茸のいい場所をみつけたようだな、人に言うなよ、うちでみんな買ってやるから」
 そういって旦那が、帳場にいってお足をもってきた。
 「うちの奴、今客にかかっているからこれないけど、喜んでるよ、昨日の舞茸の煮たのをもってけと言ってる、食べて見ろよ、茸はうまいよ、特に長さんが採ってきたのは一品だよ」
 また長助は懐が暖かくなって家に戻った。鶏小屋の鶏を放すと、穴に戻る蛇の尾っぽが見えた。卵を食べて戻っていくところだ。
 「ありがとよ」長助が声をかけると尾をふって穴に入った。
 こうして毎日のように赤い蛇と一緒に茸を採りにいった。ともかく見つける茸は立派なものばかりだった。そのおかげで、おばさんの宿屋は茸宿として知られるようになった。
 あるとき、長助が山で足をくじいたことがあった。坂を上ることができない。それが困ったことに、すぐには治らないほどひどいものであった。
 鶏の世話は足を引きずりながらやっていた。卵は必要なところに届けて歩いていた。その時宿屋の叔母さんが驚いたことがあった。不思議なことに茸も持ってきたのだ。それもいつものように立派な茸ばかりだった。
 「長さん、そんな足でよく茸採りにいけるねえ、だけどおかげで、この宿も美味い茸料理の宿だって客がきてくれるよ、大繁盛だよ」
 おばさんは茸と卵の代金を払いながら長助に礼を言った。
 「いや、おらの方が、いい湯を使わせてもらって、おかげで足もだいぶよくなった」
 足の治療のためにも湯にはいるのはとてもよかった。毎日のように、宿の湯を使わせてもらっていた。宿の湯は裏山の際にあった。屋根がかかっている野天湯である。長助は宿泊客が使わない夜中や真昼に浸かっていた。
 ある時、宿の旦那がその日の夜中仕事が終わり、湯に入ろうと野天湯にいった。いつも湯にはいってから吊るして置いた提灯を宿に持ち帰るのである。すると、野天湯に長助の後ろ姿があった。小声で誰かと話しているようだ。
 宿のおやじが、「長さんか」と声をかけると、赤いものがちょろりと裏山に消えていくのが見えた。
 長助が振り返った。「あ、おじさん、湯を借りてるで」
 「ああ、好きにしてくれ、わしも入る、どうだい足の方は」
 「痛みがなくなったけんど、折れてたようで、前のようには歩けんわ」
 「それじゃ、茸採り大変だな」
 「大丈夫だよ、これからもいい茸採るからよ」
 「たのむなあ、この宿は長さんの茸でもってるんだ」
 「それじゃ、よく暖まったから、帰るよ」そういって長助は籠の中に入れておいた着物を着ると、自分の家もどっていった。宿の主人は長助がぶつぶつと言っていたのが気になったが、湯につかっているとそれも忘れた。
 それからも、夜中に湯に入りにきていた。あいかわらず秋は茸、春は山菜を宿にもってきた。それもとてもいい茸、時には見たこともないような珍しい旨い茸ももってきた。山菜もすばらしく良く育ったものだった。
 しばらくして、おかしな噂が村に流れた。一人暮らしのはずの長助の家に誰かいるというものである。女のようだという話しもあった。赤いべべきてたからのう、とおしゃべりなばあさん連中が言っていた。
 山に入っていく長助を見かけることは少なくなった。しかし茸はとってくる。きっと誰かが採りに行っているのだろうと周りは思うようになっていた。ひっそりと嫁さんをもらったんだろうという話が伝わっていた。それならと、長助の家を訪ねていった連中は家の中に他の人がいるような雰囲気を感じなかった。 
 ところが、たまに庭に赤い蛇がいた。土間の中にはいるのを見たという人もいた。
 人々の話しは増長されていくものだ。赤い蛇が嫁に化けて長助と夜伽をしているのだろう、蛇が茸を採ってくるのだろう、そういう話になっていった。
 宿の主人は長助が足が悪くなった頃からずいぶん明るくなったと思った。長助がよくしゃべるのである。本当に嫁がきたのかと思うくらいである。しかし、足を引きずり、歩くのは大儀そうである。
 「長さん、村の人が嫁さんもらったんじゃないかといってるが、本当かい」と尋ねると、
 「いんや、そんなものいねえ」と答えた。
 「その足でよくいい茸採ってくるな、山奥にいかなきゃあんなに美味い茸は生えていねえだろ」
 「採る場所はないしょじゃ」
 と長助は明るかった。

 あるとき、米さんが次はいついつ来ますと言った。その日はちょうど木野が実家に帰る日である。木野はたまに実家に一晩泊まりで帰ることがある。木野がいなくてもてなしができないと言ったのだが、茶は自分で入れるからと、米さんは来た。
 ここからの物語は、米さんが木野のいないときに茸酔に話したことである。
 夏のある日、宿の番頭が主人に「夜中に長さんの家からあえぎ声が聞こえた、ありゃ、女がいるのは本当じゃないかね」と言った。
 長助のところに変な女でも入り込んでいると山のものを採りに行かなくなる。それは困ると思い、宿の主人は夜中にそうっと長助の家をのぞきに行った。暑いので家は開けはなしにして、香取をたいている。
 長助は部屋の床の上であぐらをかいていた。火を灯もしていないが月明かりが部屋に差し込んでいる。
 長助の前で真っ赤な蛇がとぐろを巻いて長助をみつめている。
 「あれを採ってきてくれ」
 蛇はそれを聞くと、動き出して、にょろにょろと家をでて裏の山に入っていった。
 宿の主人は山の中まで追いかけてみた。下草の茂った林の中では赤い蛇はみつからない。月明かりがあるといってもかなり暗い、少しばかり歩いたが、無駄かと思いつと立ち止まった時、赤い蛇が大きな木の幹にとりついているのが見えた。古い樫の木のようだ。蛇は幹に生えている猿の腰掛けを大きな口を開けて飲み込んだ。
 蛇はすとんと木から下に落ちると、すすすすと下草の中を長助の家の方に向かっておりていく。
 主人はまた長助の家に戻った。
 家をのぞくと、ちょうど蛇も戻ったところだった。
 「採ってきたか」
 そう言った長助の前に猿の腰掛けを蛇がはきだした。
 「これだ、これだ、ありがとよ」
 長助は赤っぽい猿の腰掛けを拾い上げると、土間に降りて、竈の上で沸かしてあった薬缶の中に茸を丸ごと放り込んだ。そうしておいて土間の棚においてあった鶏の卵を一つ取ると上に上がった。
 赤い蛇は床の上でとぐろを巻いている。
 卵をその前におくと赤い蛇は旨そうに卵を飲み込んだ。
 「今日はもう一つやろう」
 長助はまた台所から卵を持ってきて赤い蛇にやった。
 蛇はまたもや旨そうにその卵を飲み込んだ。蛇の胴が膨らんでいる。蛇が体を持ち上げて床にうちつけた。二つの膨らみがつぶれた。赤い蛇は口を開けて卵の殻をほきだした。長助は殻を拾い集めると庭に放った。明日の朝、鶏がつつくのだ。
 宿の主人はそれを見て、長助が山に行かなくても茸をもってくるわけがわかった。蛇を飼い慣らしたのだ。蛇に茸や山菜を採る手伝いをさせていたのだ。蛇の方が茸を見分ける力があるのかもしれない。
 「もういいだろう」
 そう言いながら、長助は土間にいくと沸いている湯を茶碗にそそいだ。蛇のいるところに持ってきた。湯飲み茶碗を床の上に置いた。
 「ちょいと冷ましてから飲むぞ」
 しばらく蛇も長助ものんびりと床の上から庭を見ていた。
 やがて、長助は猿の腰掛けを煎じた湯をゆっくりと飲んだ。飲み終わると長助は床の上に大の字に寝た。
 長助のふんどしが持ち上がってきた。
 赤い蛇が股の間ににょろにょろと入っていく。
 蛇の口が大きく開けられるとふんどしからはみ出した玉を一つ咥えた。蛇が口を動かすと長助の尻がもぞもぞと動いた。蛇は反対側の玉も咥えた。また長助が身をよじった。ふんどしの脇から男のものがそそりたった。
 赤い蛇はその先を咥えた。頭を上下させると、長助の息がはーはーと荒くなった。しばらくすると、蛇の口の脇から白い泡が吹き出し、長助が女のような「あー」と声をもらした。
 蛇も長助もしばらくそのままだった。
 宿の主人は長助が嫁をもらわないわけを知ったのである。
 その日、長助が宿に卵を持って行くと、主人が小声で言った。
 「なあ、あの猿の腰掛け売ってくれよ」
 長助はあっと思った。
 「見ちまったすか」
 「ああ、誰にも言わないから、あの煎じた茸を売ってくれよ」
 長助は笑いながらうなずいて、
 「明日にでも採ってこさせます」と言った。
 「よく仕込んだものだな」
 「嫁さんよりかわいいんで」
 主人はうなずいた。
 この話を聞いた茸酔はこれを描くとあぶな絵になっちまうと思った。
 「これでみな話したなあ」
 米さんは笑いながら言った。
 「これからも、茶でも呑みに来てください、木野に色々教えてくださいな、木野もそろそろ嫁にいってもいい年ですから」
 「木野ちゃんより、茸酔さんのほうじゃろに」
 米さんはまた笑った。よくわかっているばあさんである。
 
 木野に実家に行っている間に米さんが来たことを言った。
 「あの続きを話してくれたんだ、長助さんと蛇どうなったの」
 「それがな、大したもんなんだ、長助が蛇を飼い慣らして、茸や山菜を採ってこさせていたんだよ」
 「そんなことができるのかな」
 「長助の鶏の卵がいい卵で蛇にとって旨くて旨くて仕方がなかったんだろう、卵をやって、働かせたって言うことなんだ」
 「蛙や井守じゃできないのかな」
 「蛇みたいに大きな口を開けることができないからできないな、蛇は顎の骨をはずすから大きなものでも飲み込める。だから大きな茸でも持ってこれるんだよ」
 「でもすごいね、私もやってみよう」
 「なにを飼うんだ」
 「猫」
 「猫は一番だめだよ、言うことなど聞くわけはない」
 そんな話をした。
 茸酔は思った。一つはあぶな絵を入れた本にしよう、もう一つは子供でも読める「蛇の嫁入り」の絵本にでもしようと思った。
 版元に相談すると、是非そうして出したいということであり、密やかにあぶな絵入りの「蛇の嫁入り」と絵本の「蛇の嫁入り」を作った。あぶな絵入りの本は高いにも関わらずたくさん売れ、もらった金を半分米さんに届けた。
 「あの話が本になったですか、あたしゃ字は読めんで絵だけだがの、木野ちゃんは読めると言っていた、こんな絵みせんでしたでしょうな」
 米さんはよく気のつく人だ。わかっていて木野のいないときに来て話してしていったのだ。
 「子供が読めるのも作ったのでもってきました、そちらを読ませました」
 そう言って、絵本も渡した。
 「そりゃあよかったです、こんなにたくさんもらっちまって、ありがとうございます、これで死ぬ前に、もう一度田舎に帰ることができます、三十何年も帰っておらんでねえ、長助さんの墓もまだあると思うから手を合わせ、あの宿があれば泊まって湯につかってきますだ」
 茸酔は初めてあぶな絵を描いた。これも一つの修行と自分に言い聞かせた。

蛇の嫁入り

蛇の嫁入り

茸の絵師茸酔は、木野がお城で知り合ったおばあさんから、蛇を嫁のようにかわいがる男の話をきいた。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • 青年向け
更新日
登録日 2020-07-31

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted