バルドラの蠍

渡逢 遥

君が僕の血肉になって()れたのだから、
ああ、僕が誰かの血肉になれるのなら、
次には屹度(きっと)、喜んでこの身を差し出そう。
(いたち)に喰われる(さそり)になろう。
この身が千切れてばらばらになるとき、
その時には屹度、君の(こえ)(おも)い出しながら、
この夜の(はて)で、君の手を取る夢を見ながら、
何処まででも、飛んでいけそうな気がするよ。
君のところへ、飛んでいけそうな気がするよ。

バルドラの蠍

バルドラの蠍

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-07-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted