■声劇台本「魔法少女のパパはいや!リターンズ」

にょすけ

ラブマスク:これで……これで!終わりよ!!!怪人……怪人パーリーピーポー!!(少し辛そうな、疲れたような)
ラブマスク:マジカルドリーミィマカロンミラクルシャワーーーー!!!
怪人:ぐわあーーー!そんなのってナイナイナイトプール!!PON!!PON!!
妖精プリン:やった!!やったプリ!!!友達にひとり居ると楽しいけど群れると途端にめんどくさい怪人、パーリーピーポーを倒したプリ!!!!
通行人A:ありがとうーーー!ラブマスクーーー!
通行人B:これで今日も鹿骨町(ししぼねちょう)は平和だーーー!
ラブマスク:はぁ……はぁ……愛と……ラブリーで……可愛く事件解決ぅ♡(息を切らせながら)
通行人C:握手してくれー!!
通行人D:写真撮ってよラブマスクーーーー!!
ラブマスク:はっはっは……みんな、大好きよー!
妖精プリン:……どうにも愛之助の様子がおかしいな。
まみこM:世界というのは、人と人との繋がりで出来ているという。
まみこM:その繋がりを守るために、戦うんだって話すパパはそれなりにかっこいいなって。
まみこM:最近は思うんだ。
妖精プリン:あ、愛之助……大丈夫かお前……?なんかすごく辛そうだゾ……?
ラブマスク:平気よ……ぜーんぜん平気♡安心して♡
まみこM:そうやっていつも、かっこいいヒーローみたいにパパは笑いながら
まみこM:この街の平和と、私たちを守るんだ。
まみこM:そんなパパを、私は最近前より好きになれて。
ラブマスク:あらやだ!!!お気に入りの紐パンすこし破れちゃってる!!!
まみこM:やっぱ前言撤回。超きもい。
演出:(少しの間をあけて)
妖精プリン:……なあ、まみこ。
まみこ:なによクソ痛風。
妖精プリン:痛風じゃねえわ!!!
妖精プリン:……なあ、あのさ、一つ聞きたいことがあるんだけどよ。いいか?
まみこ:なによ、改まって。
妖精プリン:……最近、愛之助の様子、おかしくねぇか?
まみこ:そうね。おかしいと思う。
妖精プリン:な……やっぱそうだよな!?おかしいよな!?
まみこ:うん。髪の毛薄くなってきた、うだつのあがらない営業マンがある日急にゴスロリと紐パン履いて、夢かわ魔法少女になるなんて、どう見ても様子おかしいとしか。
妖精プリン:ちっげーーー!そーいう事じゃねーーーー!!!
妖精プリン:いや俺もどうかと思うよ!?
妖精プリン:そりゃ俺だってさ、使い魔としてはさ
妖精プリン:可愛くて素直で、足の臭くない可愛い女の子を魔法少女にしたかったっての!!
まみこ:あ、そこらへんは割と常識あったんだ。
妖精プリン:俺だって男だぞ!?その辺のロマンはもちろん分かってるつもりだっての!!
まみこ:じゃあわかっててなんでハゲだるまをゴスロリにしたんだよこのクソ妖精がよお!!!!
妖精プリン:プリンだってしたくてしたわけじゃないプーリーーーー!!!
まみこ:じゃあしてんじゃねえよ!!!!
妖精プリン:だって仕方ないだろ、とんでもなく身体の相性とかよかったんだもの。
まみこ:身体の相性言うな。
妖精プリン:適性というものがあるプリよ。
妖精プリン:愛之助の場合その数値が異常だったプリ。
妖精プリン:結果、史上最強の魔法中年ができたプリよ。
まみこ:だからってどこの世界におじさんのゴスロリが需要あんのよ……他に候補とかいなかったわけ?
妖精プリン:……いたけどさ。
まみこ:……ん?
妖精プリン:……ん、いや。なんでもねぇよ。で、そのゴスロリうんぬん以外で変わったことは気づかねぇか?
まみこ:んー……いやぁ特に思いつかないけどなあ。
まみこ:相変わらず足は臭いし、水虫がキモいし、シャツは黄ばむし、パパのお風呂のあとはなんか汚そうな毛とか浮いててやだし、洗濯機も一回パパの汚れ物洗ったあとは消毒しないとくっさいし、枕には変なシミがいっぱい。……うん、いつも通りだと思う。
ラブマスク:途中から聞いてたけど飛んでもない言われようじゃないか……。
まみこ:あ、パパおはよー。
まみこ:朝ごはんできてるよ。
ラブマスク:平然と接するあたり、さっきの言葉に嘘偽りはなく本気で思ってることなんだね……。
妖精プリン:んー……。
まみこ:ほら、痛風。痛風の分もご飯あるから早く食べちゃって。
妖精プリン:痛風じゃねえ!!!!!
まみこ:これはこれは申し訳ございません、ゴクゴクビール・プリンタイ・三世様。やっぱどう考えても痛風予備軍。
妖精プリン:ほんっと失礼!この子!!
ラブマスク:こらこら……二人とも朝から喧嘩はやめなさい!
妖精プリン:んぐっ……あ、愛之助!!やべぇ。ものすごく強い怪人の反応だ!!!
妖精プリン:あ、頭が割れそうなくらい強い波動を、感じる……っ。
まみこ:ちょ、ちょっと大丈夫?
妖精プリン:く……こ、これは……また駅前のほうだ!愛之助!急ぐぞ!!
ラブマスク:わかった!急ぐぞプリン!
ラブマスク:まみこ、ちゃんとお留守番してるんだぞ!
まみこ:はいはい、行ってらっしゃい。
まみこ:帰りにマルエツでお味噌買ってきて、切れそうだから。一番安いやつね。
ラブマスク:わかった!!!!!!
演出:(少しの間をあけて)
まみこM:結論から話そうと思う。
まみこM:魔法少女戦士、ラブマスクはこの日。
まみこM:はじめて、怪人に負けた。
妖精プリン:愛之助ぇーーー!目を覚ましてプリ!!!!こんなのって、こんなのって無いプリぃーーーー!!!
通行人A:ら、ラブマスクが負けた……!
通行人B:もうおしまいだ!!この町はもうおしまいだ!!!!
通行人C:町を出よう!!もうだめだ!!!
通行人D:これが世紀末!!!!!
まみこM:パパを倒すためだけ、パパを始末する為だけに作られた強力な怪人を相手に
まみこM:パパは、為す術もなく
まみこM:膝に泥をつける結果となってしまったのだ。
まみこM:なんとか一命を取り留めたパパは、
まみこM:病院のベッドで、弱々しく横たわるただのおじさんになってしまっていた。
妖精プリン:……愛之助……死んじゃだめプリ……。
まみこ:……プリン、パパは史上最強の魔法中年だったんじゃなかったの。
妖精プリン:そうプリよ……だけど……。
まみこ:だけどなによ!!負けてるじゃない!!!負けちゃってるじゃない!!!
妖精プリン:しかたねーんだよ!!!
妖精プリン:……ココ最近愛之助は変身して戦うたびにどこか様子がおかしかった。
妖精プリン:……もしかしたら、何かの原因で、愛之助の中のラブリーミルキーパワーが外に盛れだしてしまってるのかも知れねえ。
妖精プリン:それに……それによ、今回の怪人はほんとに……ほんとに強すぎたんだ。
まみこ:……。
妖精プリン:……ごめんプリ、まみこ。プリンが付いていながら……。
まみこ:……どうしたらいいの。
まみこ:そんな、様子がおかしいとか、私……気づかなかったよ……。
妖精プリン:……まみこ。
まみこ:……パパはいつも、いつも、気持ち悪いし臭いし最悪だけど
まみこ:私のこと、私たちのこと、守ってくれてた……。
まみこ:でも……でもじゃあ、パパが弱ってる時は……パパが大変なときは……パパのこと、誰が守ってくれるの……。
妖精プリン:……まみこ、すまねえ……。ほんとに……。
妖精プリン:ん、んぐ……!?
妖精プリン:ぐああ!!!!
まみこ:ちょ、ちょっとプリン!?
まみこ:ど、どうしたの!?
妖精プリン:や、やべえ!!!怪人の反応だ!!
妖精プリン:あ、あいつだ……あいつがまた来てる……!!!
まみこ:え……えっ……ど、どうすんの……どうしよう!!
妖精プリン:……く……こ、こうなったら……ま、まみこ!!!
まみこ:えっ。
ラブマスク:だ、だめだ……プリン……
まみこ:ぱ、パパ!!
妖精プリン:愛之助……っ!!
ラブマスク:魔法少女は……俺……だっ
ラブマスク:あいつは……俺が倒すべき……相手……っ
まみこ:だ、だめだよパパ!!!起き上がらないで!!!
ラブマスク:いいや……俺はいく……っ
ラブマスク:例え……このゴスロリをひんむかれようと……っ
ラブマスク:例え……俺がただのおじさんだとしても……っ
ラブマスク:ぐぬぬぬおおおっ。
妖精プリン:あ、愛之助ぇ……。
ラブマスク:私が……っ
ラブマスク:ラブマスクなのだから!!!!!
演出:(少しの間をあけ)
通行人A:いやぁーーーーー!!助けてぇーーーーー!!!
通行人B:もうおしまいだ!!!!
怪人:くーっくっくっく……
怪人:お前たち、もうお前たちの大好きなラブマスクはいなぁぁぁぁぉい!!!
怪人:なぜならぁ?
怪人:この、怪人「ネェチャントオフロハイッテル」様が!!!!
怪人:再起不能にしてやったからだーーーー!!!!
通行人B:もうおしまいだ!!
怪人:ほーらほら、そこのお前ぇ。
怪人:ネェ、チャントオフロハイッテル?
怪人:ネェ、チャントオフロハイッテルノー?
怪人:俺に!!!俺に教えてくれよ!!!!くーっくっくっく!!!!!
ラブマスク:ま、まて!!!!怪人ネェチャントオフロハイッテル!!!
怪人:あぁーん?ラブマスクぅ……まぁだしぶとく生きてたのかぁ……
ラブマスク:く……ラブリーミルキーパワーが全然たまってない……どうしたら……っ
怪人:性懲りも無くノコノコと現れおって!!!今度こそ息の根を止めてやるわ!!!!
怪人:なーーーーあ?おいラブマスクぅ。
怪人:ネェ、チャントオフロハイッテル?
怪人:ネェ、チャントオフロハイッテルノーーーー!?
ラブマスク:ぐ……ぐぬぬぬ……がはっ……っ。
ラブマスク:だ、だめだ……っ!
ラブマスク:ちゃんとお風呂に入っているのかを聞かれてるのか……
ラブマスク:お姉ちゃんとお風呂に入っているのかを聞かれてるのかわからなくて!!!
ラブマスク:こ、答えられない……っ
怪人:変身する気力もなぁぁぁいようだなぁーーーー!!!
怪人:あのラブマスクも!!!
怪人:変身しなければただの中年!!!
怪人:もう諦めろ、ただの中年になぁにができる?
ラブマスク:関係……ない……っ
怪人:あぁん?
ラブマスク:娘を守るのに……っ!この町の……大切な人を守るために……っ
ラブマスク:魔法少女だとか……中年だとか……変身してるとか……してないとか……っ
ラブマスク:関係ないんだよ……っ
ラブマスク:俺は……っ
ラブマスク:例えこの身が砂になろうと……
ラブマスク:骨と皮……だけになろうと……っ
ラブマスク:絶対に……っ
ラブマスク:守るん……だ……っ……ぐっ……
怪人:戯言は終わったか?さあ、トドメだぁ、ラブマスクぅ……くらえぇーーーー!!
怪人:ネェ、チャントオフロハイッテルーーーーーーー!?
まみこ:(チャントオフロの辺りから割り込むように)
まみこ:そこまでよ!!!!怪人!!!!
怪人:な、なんだお前は……っ!?
ラブマスク:ま、まみこ……?
まみこ:……プリン、はやく、寄越して。
妖精プリン:……わかった。
ラブマスク:……?
ラブマスク:な、なにを……してるんだ……?
ラブマスク:プリン……?そ、それは……魔法の変身ステッキ……。
妖精プリン:すまねえ、愛之助。
妖精プリン:俺はお前のこと、結構好きだからよ。
妖精プリン:やっぱ黙ってらんなかったわ。
妖精プリン:許してプリ♡
まみこ:……へんっ!!!しん!!!
まみこ:ラブリーミルキー!!!!
まみこ:奇跡の力で!!!
まみこ:邪魔する怪人なぎ倒す!!!
まみこ:魔法少女!!!トゥルービューティ!!!ここに見参!!!!!
ラブマスク:ま、まみこ……なんで……っ
まみこ:うっせーーー!このゴスロリはげだるま!!!!!
まみこ:私は……私はさ!!
まみこ:守られてるだけなんて嫌なんだ!!!
まみこ:私にも、パパをなんとか助ける力があるんだったら!!!
まみこ:そんなの……そんなの……
まみこ:使うに決まってる!!!!!!
ラブマスク:……ま、まみこ……。
ラブマスク:な、なんだ……?ら、ラブリーミルキーパワーが集まってくる!!!?
ラブマスク:これならいけるぞ!!!へん!!!しん!!!!
まみこ:パパっ!!!!
妖精プリン:ラブマスク、復活プリ!!!!
ラブマスク:ラブリーミルキー!!!
ラブマスク:可愛い力で!!
ラブマスク:はびこる悪をやっつける!!
ラブマスク:魔法少女戦士!!ラブマスク!!
ラブマスク:復活だぁーーーー!!!
怪人:ち、ちぃっ……な、なんなんだお前らはぁ!!!!
演出:(可能な限り二人同時に)
まみこ:家族だっっっ!!!!!
ラブマスク:家族だっっっ!!!!!
妖精プリン:(後述するラブマスクオープニングテーマを下手でも構わないので適当なメロディで少しボリュームを落として歌ってください)
妖精プリン:(怪人、ラブマスク、まみこ役はこの歌のあとのセリフを、そのまま進めてください)
妖精プリン:てれててーてーててーん♪
妖精プリン:愛を~愛を愛を~愛を持って接すれば♪
妖精プリン:君も~君も君も~君もきっと繋がれるさ♪
妖精プリン:命~命命命をかけて♪
妖精プリン:守るよ♪この町とゴスロリを♪
妖精プリン:原宿の~表通りには~♪
妖精プリン:可愛いゴスロリ屋さんのほかに♪
妖精プリン:生キャラメルのお店がある~♪
妖精プリン:食べたいなぁ♪
妖精プリン:らぶ♪らぶらぶらぶ♪
妖精プリン:プリン体にも負けない♪
妖精プリン:健康診断D判定♪
妖精プリン:検査~♪再検査が♪
妖精プリン:必要なのかもしれない~♪
妖精プリン:だけど♪マカロンだけは止められないのよ~♪
妖精プリン:愛を胸に♪戦うわたし♪
妖精プリン:魔法少女戦士♪
妖精プリン:スーパーラブリー♪
妖精プリン:ラブマスクぅ♪
怪人:な、なんだ!?どこからともなく歌が聞こえてくる!!!こ、これは!!!
怪人:アニメの最終回のバトルの時とかに
怪人:第一期のオープニングテーマが流れて
怪人:それに伴ってラスボスを倒す胸熱演出じゃないのかぁ!!!きえーっ!!!
ラブマスク:この演出で負けることなどありえないんだからっ!
ラブマスク:いくわよ!トゥルービューティ!
ラブマスク:2人のラブリーミルキーパワーを、今!ひとつにするの!
まみこ:わかった!!いくよ!ラブマスク!!!
まみこ:私のラブリーミルキーパワーを……ラブマスクの拳に!!!
ラブマスク:ふおおおおおお!!!
ラブマスク:どんどんビルドアップしてゆく!!
ラブマスク:どんどんマッスルに磨きがかかっていく!!
怪人:え、いやちょっとまって。
怪人:なんかすごい物理攻撃じゃん、まって。
怪人:あの、ラブリーなんちゃらかんちゃらシャワーーーー!!!ってやつは??
まみこ:ラブマスク!!もっと!!もっときれっきれにして!!!二の腕をもっと!!!上腕二頭筋をもっと!!!もっと!!!
ラブマスク:うおおおおお!!!仕上がってきたああああ!!!!
怪人:話きいてよ!!ちょっと!!仮にも魔法少女だろおまえら!!!
怪人:魔法少女らしい必殺技は!?
怪人:ねえ!!聞いてる!?
まみこ:力こそパワーなんだよ!!!
怪人:意味おなじだよ!!!
ラブマスク:仕上がりました……いつでも……いけマッスル!!!
怪人:なんかそんなキャラだった?
怪人:ラブマスクってなんかもっとこうゴスロリ可愛い系のおじさんだったんじゃないの?ねえ!!
怪人:くそーー!必殺!!ネェ、チャントオフロハイッテルーーーー!?
まみこ:きっかねぇんだよヴァーーーーーカ!!!
まみこ:お風呂はちゃんと入ってるし
まみこ:そもそも姉なんていないわぁーーー!!
怪人:ひゃいーーーーん!!ちょっとまって。ほんとごめんなさいまって!!!
まみこ:いっちゃえ!!パパ!!!!!
ラブマスク:これが……っ
まみこ:家族の力だ……っ!!!
ラブマスク:マジカル!!!ファイナルパンプアップ!!!ナカノブロードウェイミルキーシャワーーーー!!!(物理)
怪人:ぶぎゃふっ!!!!!!!
演出:(歌が終わるまで待つ。終わったら先に進む)
ラブマスク:愛とラブリーで!!
まみこ:キュートに事件解決ぅ!!
通行人A:きゃー!ラブマスクー!トゥルービューティ!!ありがとうーーー!
通行人B:今日も可愛いぞーーー!!!
ラブマスク:みんな!!!ありがとう!!!
まみこM:世界というのは、人と人との繋がりで出来ているという。
まみこM:その繋がりを守るために、戦うんだって話すパパはそれなりにかっこいいなって。
まみこM:最近は思うんだ。
ラブマスク:トゥルービューティ……いや、まみこ。
まみこ:なあに、パパ。
ラブマスク:案外ノリノリだったな!!!
まみこ:……やめて、正気に戻るような事言わないで。
妖精プリン:ほんっとノリノリだったプリ。
妖精プリン:「ラブリーミルキー♡奇跡の力で、邪魔する怪人ぶっとばす♡」とか言ってたプリ。実はすきプリね、こういうの。プププ。
まみこ:やめてほんとやめて。
まみこ:うわ、ほんと恥ずかしくなってきた。
まみこ:その場の雰囲気で言うもんじゃないわほんとやだ、あ、やばい。無理。やばい。
妖精プリン:様になってたプリ!!すっごくよかったプリ!!!
ラブマスク:ほんと!すごくよかった!!
ラブマスク:いやぁ、まみこも大きくなったんだなぁ……。
ラブマスク:これなら、少しお休みしても大丈夫そうだなぁ。
まみこ:……えっ!?や、やっぱりパパ、身体どこか悪いの!!??
ラブマスク:うん、実はパパ……
まみこ:実は……?
ラブマスク:尿酸値高すぎて痛風になっちゃったんだ。
まみこ:……は?
ラブマスク:いやー、もう風が吹く度に痛いってほんとだね。怪人と戦ってる時も少し肌が擦れるだけで痛くて痛くて……。
妖精プリン:……最近調子悪かったのってそれが理由プリ?
ラブマスク:そーなんだよ!!!ネェチャントオフロハイッテルと戦ってる時もずーっと痛くて痛くて!!!
まみこ:……パパ。
ラブマスク:なんだい?まみこ。
まみこ:二度とやんないあたし。
ラブマスク:えっええ!!??なんでよ!!やろうよ!!パパと魔法少女!!!
まみこ:ふざけんな!!!心配して損したわ!!!まじいっぺんしね!!!!
ラブマスク:こら!!!まみこ!!!そんな汚い言葉づかいやめなさい!!ちょっと!!!!まみこ!!!
まみこM:それでも、うん。
まみこM:やはり私たちは家族なのだ。
まみこM:どんなに臭くても、うざくても、気持ち悪くても。
まみこM:信じられる?
まみこM:この変なおじさんが、私のパパなんだってこと。
ラブマスク:まみこ!!こら!!待ちなさい!!
まみこ:うっせーー!ゴスロリはげだるま!!!
妖精プリン:やれやれプリぃー。
まみこM:この人たちが、大事な私の家族なんだってこと!
まみこM:Fin

■声劇台本「魔法少女のパパはいや!リターンズ」

■声劇台本「魔法少女のパパはいや!リターンズ」

  • 小説
  • 短編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-07-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted