スターゲイザー

“誰かに成りたい”

画面の向こうで笑う誰かに
僕じゃない 僕を()てて
意味のない人格をインストール

ここからは良く星が見える
あれは誰の星だ それは僕の星か

見下ろす君たちが名付けたもの
見上げる僕たちが名指したもの



さよならだ、スターゲイザー(星の観測者)
砕ける惑星の悲鳴を
閉じ込めたんだ 代わりに僕の命を注ぐ
精一杯生きて それでも足りない演算(えんざん)
皮切(かわき)りに僕は僕を脱ぎ()てた
誰も見てやしないと隠れる事もなく
誰も見つけられないと隠す事もなく

Star A Live Alive(星の鼓動) 繰り返せない軌道(きどう)
Stay A Live Alive(星の胎動) 縮めて伸ばした軌道(きどう)


理屈じゃない速度で頭を馳け(まわ)
僕で在るうちは何も変えられない
そうやって逃げ(おお)せた後の祭りで
見ず知らずの人格をインストール

光度(こうど)が徐々に淡くなる
見つけた答えを結んで空に放った

もう手が届かない なのに笑えてきた
本当の言葉で飾る自分は
なんて見窄らしいのだろう

酷い視野狭窄(しやきょうさく)


光が(まぶた)を抜けて 両の眼を焦がす

一体いつから眠っていたのだろう

本当の自分なんてものは未だに知らないけど

僕の頭の中に浮かぶ思考が変わっていく

「ひとりになるのは簡単なことだ」って



人と、人が出逢い 恋をして
人と、人が繋がって息をした

その難解なリズムを 壊すことは容易(たやす)いと
耳の奥で声が鳴る 僕の知らないノイズだ



繰り返せないから また惑うだけ
思い出せないから 輝きに導かれる
星を見上げた 僕らは 僕らは



僕らは皆、自転(じてん)観測者(かんそくしゃ)ーーーー



さよならだ、スターゲイザー(星の観測者)
砕ける内側の惑星は
探されるのを呼吸と供に待っている

さあ、見つけに行こう
心を結べ スターゲイザー(星の観測者)

君の起点(きてん)と 僕の起点(きてん)が交わり溶け合った時
初めて「僕」が見つかるから



僕らは、僕らは 心と命の観測者(かんそくしゃ)

スターゲイザー

スターゲイザー

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 冒険
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-07-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted