残滓ワラウ希望ノ方舟


水に何色を落とせば
黒に近付くだろう

辿り着けなかった
誰かが教えてくれたのに


空を(おお)
雲を()き集めて
ひとつの国を作ろうとした

知る(よし)もない
知りたくもない
世界の(はて) 果てにて心を持つ



希望の残滓(ざんし)
貴方の残滓 は
本日未明(ほんじつみめい)、空を開け放ったけど
Whereabouts of the princess
消失点 重ねては眺めて
恨めしそうに笑って()せた
切っ先に指を()てがう
(にじ)血漿(けっしょう)を通して星を捜す


浮かんでは沈む
そのサイクルは酷く 孤独で

言葉にもならない
(ゆが)んだ愛情だけど


空を覆う
姿はまるで異形(いぎょう)
誰も彼も私を助けてはくれない

ひとりきりで
作った歌は主観だらけで
誰にも響かず(ほろ)んで()



希望の行方(ゆくえ)
貴方の行方 は
(あかね)とも呼べる、赤い空に消えたけど
Whereabouts of the words
繰り返しては泣いて
口付けを待つ(くちびる)は乾いて
細く棚引(たなび)く期待が枯れてしまう
滲む貴方を求めて星を捜す


「壊れないように

保っていた」


「無くさないように

守っていた」


写し鏡
跳ね返る私たちは
今もどこかで交差する

それでも
ひとりきりだと信じていた
輝く花
輝きたいと希う(ねがう)



希望の残滓
希望の残滓 は
本日未明、空に溶けたけれど
ひとりで生きていくにはまだ浅くて
この水面は…まだ、浅くて

体が()かりきるほどの
水位を私は見たことがない
それは唯一 貴方が私に(のこ)した
祈りの様な希望の(いかだ)だから


絶望は水
希望は舟
貴方は旅立つ
星と雲を集めた楽園へ

残滓ワラウ希望ノ方舟

残滓ワラウ希望ノ方舟

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-07-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted