サクラの子

コブシ

ダイヤルQ2というテレクラ的なダイヤルで知り合ったサクラの子との物語

私は、16歳の頃から夜の世界に出入りしていた。

なので、同い年の友達は、私はとっくに経験済みと思っていたのか、いろんな恋愛相談なんかをしてきた。

でも実は、キス以外は未経験だった。

夜遊びしてた割には、考え方が古風だった私。

キスにたどり着いたのも17歳。

それも、先輩に連れて行ってもらった近所のスナックのホステスさん。

「今日はホームランやわ!お姉さんと付き合わない?」

私についたホステスさんは、私の耳元でセクシーに囁いた。

そのホステスさんは、私より10コ上の27歳。

なぜか“ホームラン”という表現が強く印象に残った。

多分、客層を見ても、ジジイばっかりだったので、ピッチピッチの17歳の少年が来たら、そら、年下キラーの女性だったら、たまらんだろうと思う。

丁度、前ログのなっちゃんに恋破れた後だったので、とても嬉しかった。

電話でのやり取りの後、デートすることに。

私は、ある施設に預けられていたので、普通の高校生のように、日曜日などの休日はなかった。

学校がない日でも、電話番、仕事等、日中の休みはなかった。

ホント、今の時代じゃ考えられない。

なので、私の自由時間といえば、学校から帰ってきて、夜10時くらいまで仕事をし、そこから朝6時までの間。

だから、自然とデートも夜。

待ち合わせ場所に現れたホステスさんを見て驚いた。

店の中は薄暗くてわからなかったが、スゴい厚化粧だった。

予約していた、お洒落なダイニングレストランで夕食をとり、カラオケのあるバーに行った。

そして、そのホステスさんの家の側まで送った時に、いきなりキスをされた。

しかし、その後は、続かなかった。

私は、プロボクサーになる為の練習に明け暮れていたので、童貞を卒業するとかは二の次だった。

19歳でプロになり、無事にデビュー戦もKO勝ちし、ふと考えた。

20歳を目前にして、まだ、童貞・・・これはカッコ悪いな。

そう考えだすと、それまでの古風な考えだと、20歳を越えてしまう・・・。

私は、一大決心をした。

当時、テレクラがはやっていて、私も興味があった。

勇気を出して、1人で行ってみた。

東京の池袋にあるテレクラ。

狭い個室に入ると、電話とソファーだけ。

読む気もなかったけど、受付にあった雑誌を手に取った。

客が多いのか、電話が鳴っても、すぐ取られてしまう。

ツレから教えてもらった、受話器を取り、フックを定期的に押したり離したりした。

慣れないと、せっかく電話が取れても、惰性で押してしまい切ってしまうという自爆。

しかし、人間、順応性があるもので、しばらくすると慣れてきて、何本か取れ出した。

最初の頃は、せっかく繋がっても、ガチャ切りされたり、話しの途中で、何の前触れもなく切れたりと訳がわからなかった。

そして、1人の女性と繋がり、会話もテンポよく、適度に笑いもとれ、会う流れになった。

池袋駅の側にある高島屋のライオン像前で待ち合わせた。

別に、自分に自信があるわけではないのだけれど、先に待っているから、顔を見て気に入らなかったら帰っていいよと誘った。

その方が、女性も安心するだろうと思ったからだ。

「あの~コブシさんですか?」

待っていた私に、1人の女性が話しかけてきた。

正直、そんなに可愛くはなかった。

でも、私には“童貞を卒業する!”という確固たる信念があった。

はい、ここで出ますよ、クズ発言!

“よっぽどの女でなけりゃいいか。”

はい、声色を変えて~

“よっぽどの女でなけりゃいいか。”

女性の皆さんスイマセン!

若気のイタリアンという事で、何卒、ご勘弁を。

一応、ワンクッション置く為に居酒屋へ。

初めて出会った女性をホテルに誘う。

酒の力を借りなければ、とてもじゃないけど言えない。

ボクサー特有の腹の決め方で、開き直り、酒をあおった。

向こうもその気だったのか、ノリもよく、ケラケラと、よく笑ってくれた。

1時間ほど飲み食いして、さらっと言ってみた。

「そろそろ、ホテル行く?な~んてね!」

軽いジャブで様子を見た。

「え~どうしよっかな~。」

お~っと、まんざらでもなさげな反応。

「よし!決まり!行こ!」

“機を見るに敏”

自分でも驚くほどのスムーズさ。

酒の力はスゴいものだ。

というより、え!会って、その日にホテルに!

デートを何回かして、キスして、そこからまた、デートを何回かして・・・

私のこれまで生きてきたアイデンティティーが、ガラガラと音をたてて崩れていく。

ド緊張のままホテルへ。

高校生の頃、夜遊びばかりしていたので、友人たちからは、女遊びのエキスパートと思われていた。

しかし、実はキスくらいしか経験のない童貞君。

友人たちから聞かれても答えられるよう、ホットドッグプレスなどの恋愛指南本を一生懸命読み漁る日々。

そのせいか、頭デッカチの恋愛エキスパートに。

そして、恥ずかしい話、早漏はカッコ悪いと思っていたので、オナーで鍛練していた。

それも、恋愛指南本に書いていた方法。

すぐイカず、イク寸前で止めるを何回も繰り返す。

すると、射精をコントロールできるようになるらしい。

そんな事を忠実に守り、その日に備えていた。

そして、いよいよその成果を試す日が。

テクニックなんかも、やり方は知っていた。

すると、これがハマるハマる。

お前はジゴロかっ!ってくらい、女の子をイカせまくった。

そして、挿入してからも、訓練の成果か、童貞のくせに1時間ももってしまった。

その間も、女の子はイキまくり。

終わってから、私から告白。

「実は、俺、童貞やってん!」

女の子は、一瞬、驚いた顔をした。

しかし、「ハイハイ、そんなわけないじゃない!童貞君が、あんなテクと持続するわけないじゃない!」と、冗談だと思ったみたいだ。

私は、セックスってオモロいな~!って、そりゃ、あんだけイカしたらそうなるわなって。

その後、もう一度ヤりたくて、その子に連絡。

以下、同文。

サル状態の私は、もう一度シタくなって連絡。

すると、その子が自分の仕事先に来て欲しいと言ってきた。

私はシタいが為に仕事先へ。

その子は、デパートの服売り場で働いていた。

「私の彼氏ね~ボクサーなのよ!」

私が行くと、同僚たちに、自慢気に話していた。

(え、ちょ、ちょ、俺、付き合ってないし・・)

でも、サル状態の私は、シタいがために愛想笑い。

その子とは結局、3回目で終わった。

そして、私のぶっこわれた倫理観は暴走する。

立て続けにテレクラで、5、6人の子と経験してしまう。

そして、桜子と出会う・・・。

サクラの子

サクラの子

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
更新日
登録日 2020-07-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted