夭折の溜息

嗄鳥鳴夏

とりあえずの行動は嘘だよ
君に何があったかさえ知る由ないが
若さ故の衝動なんて恥だよ
僕も何をしてたかとか言える訳ないな

空ける口には何も残ってない
かける言葉なんてものここにない
言った傍から君は何でもない
誹謗中傷する奴は何者でもな

見上げる空に青さなどない
見下ろす底には誰も居ない
言った傍から秒で気が気がじゃない
無意味な物は生まれなければいい

少年少女 君達は無知だよ
今に意味があるかなんて誰が分かるか
若気の至りが最期なんて嫌だよ
一生胸の痛みとか消える筈ないな

裂ける目には何も映ってない
守る道徳なんてものそこにない
聴いた傍から君は変わってない
人格否定する奴は地獄に堕ちる

見上げる空に青さなどない
見下ろす底には誰も居ない
聴いた傍から病で気が気じゃない
無意味な者は産まれなければいい

夭折の溜息

夭折の溜息

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-07-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted