けものみち

理柚

わたしのすんでいるところには、どうぶつがたくさんいます。それはねこやいぬのようなものではなく、栗鼠や狸のような、にんげんからえさをもらわないどうぶつです。このあいだは白鼻心をみたわよ、とむかいにすむ森田さんがいっていました。

かれ草をかさこそとふむおとがしたら、それはかれらです。竹がゆれてうめきごえがきこえたら、それもかれらです。だれかにみられているようなかんじがしたら、それもかれらです。どうぶつ、はわたしにあうと、かならずわたしをみます。わたしのことを「なんやこいつ」というめでみます。

このみちをまっすぐいったつきあたり、くさりかけた木のわきに、けものみちがあって、そこをどんどんのぼっていくと、そのうちみちがひらけて海がみえるのよ、と森田さんがいっていました。森田さんのかみのけは、ところどころむらさきいろです。森田さんは、わたしによくおかしをくれます。

わたしのすんでいるところは、ときどき、ひとがいなくなります。森田さんは、そのひとが、どんなりゆうでどこへいったのかをくわしくせつめいしてくれます。そのときの森田さんのかおは、ちょっとゆがんでいますが、こえはあかるいです。

わたしのすんでいるところは、ひるまでもすこしくらいです。森田さんが、きょうもわたしにおかしをくれました。ここにはどうぶつがたくさんいます。海をみたいようなきもしますが、みなくてもいきていけます。

けものみち

けものみち

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-07-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted