r.Takigawa

泣きたくなったのは
柔い風が髪と頬を撫でるから
いつも平気だったのは
あの優しい手があったから
こんなにつらいのは
きっと夕日が綺麗すぎたから
あなたを忘れられないのは
私の大切な一部だったから
でももうちがうね
だってあなたも私を失った
わたしもあなたを
どうする?って言ったね
いつでも電話してって
言葉は優しすぎると傷つけるし
強すぎても傷つける
となりに誰かいても
胸にはいつも穴があいてる
綺麗な星空が見えたら
涙を我慢できるかわからない
一年に一度しか逢えない方が
まだましかもね なんて
怒られるねあの恋人たちに
楽だから拒否をする
愛されないのも愛されるのも怖いから
どれだけ一緒にいたくても
私はいつもそう

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted