レッドくんが髪を染める話

キサラギ

 ずっと黒色だった髪を茶色に染めて、一番最初に驚いていたのはグリーンだった。

「レッド、お前どうしたんだよその髪!?」

 グリーンが目を丸くして僕の髪を指差した。

「んー、ちょっと、気分転換したくて」

 髪を茶色に染めたのには深い理由はなかった。ただ少し、自分を変えてみたかっただけで。
 グリーンは暫く僕の髪を見つめていたけれど、ふーん。と呟いて、ニッと笑った。

「いいんじゃねーか? ビックリしたけど、その色、中々イカしてるぜ」

 グリーンに褒められて、思わずにやついてしまった。

「まさかお前がイメチェンするとは思わなかったぜ。オレもイメチェンしてみよっかなー?」

 自分の髪を触るグリーンに僕は提案する。

「ストレートにしてみたら?」

「……それはヤダ」


 
 新しい帽子を被り、新しいリュックを背負った僕は、マサラタウンの自宅から出て、マサラタウンから旅立った。
 見た目を変えた僕は、パートナーであるピカチュウと共に、もう一度カントー地方を旅することにしたのだ。

 ジムリーダーの皆や、四天王の皆は、イメチェンした僕を見たら何て反応をするかな?

 それがとても楽しみだった。
 
 ふふ、と笑って、1番道路に足を踏み出した。

 新しい冒険が、今また始まる。

レッドくんが髪を染める話

レッドくんが髪を染める話

pkmnの二次小説です。 レッドくん、初代とリメイクで外見が違うけれど髪を茶色に染めた(=イメチェンした)説も好きです。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work