自由律句 18

西川 真周

自由律句 18


食品サンプルにラップしてある


知らずにポリグリップで歯を磨く外国人


英語で話しかけたら日本語で返された食い気味に


今にも爆発しそうな音で曲がって行った軽


公園で半分埋まってるほうのタイヤを想像する


「怒ってません」と言ったが顔に出ていたようだ


網戸越しに他人の喧嘩が聞こえる


下半身が見えないのでエスカレーターの真似で消える


ジャンプしているおじさんがちらちら見える


色を失くした飛び出し坊やの顔半分


ババ乗りする彼女を見守る


BSが見れないので話題に入れない

自由律句 18

自由律句 18

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted