メローイエロー

ミナト螢

夕立が放課後を削り過ぎて
帰れなくなったから
風鈴の中で揺れていたい
かつてひまわりが咲いていた場所
背もたれにした花びらで汚れた爪
チリンと響くガラスの窓には
思い出がこびりついて匂う
頭をぶつけて記憶に出会うまで
僕のおでこに風が辿り着けば
子守唄ひとつ聴かせてくれた
風鈴が壊れそうになる
いま一筋の雨が煌めいて
洗い流してく夏の深呼吸
空に挟まれた尻尾は星か

メローイエロー

メローイエロー

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted