泡1

金平糖

ぷくぽこぱちん

人魚姫は 王子と 話すことも 出来ず
憎むことも 出来ず
泡になって 消えた
私は 貴方と 話すことも 出来て
愛し合うことも 出来る
なのに ぱちんと 消える
届く前に 消える

私が 吐き出した ものは
形が歪んで あるいは 途中で ぱちんと 消えて
届けたくて 中にあるもの 全部吐き出して
苦しくて もがいて
そのまま渡したくて 中にあるもの 手で捕まえて
みても 指の隙間から すりぬけて

おなじ 言葉を話して おなじ ものを見て
おなじ 想いを かつては抱いた
どうして そのまま あなたに 届かないの
あなたは 息を しているの
お願い おしえて どうか 息をして

ぱちんと どこかへ 消えてった

泡1

泡1

泡はそのままの形ではいられない

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-26

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted