夕立

ミナト螢

ラミネート加工の空に穴が開く
まるですぐ上からパチンコ玉が
落ちた来たように泣いている
雷鳴が仲間を呼ぶ声に
嫉妬したりしてどうかしてる
この雨は頭を冷やすために
一秒毎に強くなって来る
脇の下が伸びそうで
急に恥ずかしくなった
心臓に刺さればもっと優しく
笑わせてくれたかも知れないのに
夏はもう涼しい風の中で
次の場所へと進もうとしていた
誰も迎えには来てくれない
それでも見つけてしまうよ
水浴びをしたひまわりが
くしゃみをしそうで
やっぱり少し距離を置いた

夕立

夕立

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted