羽化

海百合 海月

 きみの鎖骨をひらく。午後七時半、海の浅瀬をおもわせるしずかなあおい理科準備室にて。
 手、ふるえてるよ。おちつきなよ。無理とわかっていて、きみはいうのだから、意地が悪くって、すきなのだった。
 やわらかな皮膚、す、メスをいれる。奥にねむる血液と骨と肉と、蛹。いっそ残酷な無邪気さで、きみは羽化を託した。
 ぼくに。
 つまびらかになる鎖骨。だいじょうぶ、うまくいくよ、根拠はないのに、きみがぼくをまで保証する。ぼくはぼくをなぜだかしんじている、きみのことを全霊で、しんじている。
 とくとく、脈動する、蛹のすがた。きみは笑った。鎖骨をとじる。ぼくは、もうきっと、きみの熱をわすれない。メロドラマみたいな、ふるくさいことを、かんがえた。
 うつ伏せになるきみ。背骨に移った蛹は、脊椎から、全身を支配する。
 ぼくは、羽化するだろうか。きみは羽化したらその翅でどこへいく?
 ぼくの、届くところに、いてほしいなんて、ばかみたいな祈りだ。かみさまをしんじていたらな。こんなときにだけうまれる、これはでも信仰じゃない。
 どこにもいったりしないよ。こもった声が、ぼくをあまやかす。
 きみのうめき声がもれて、ぼくはもしかしたら、それだけでもうずっと、生きていけるかもしれないのだった。
 背骨をひらく。蛹を、おさめて、とじる。メスをポケットにすべりこませて、ぼくはきみに、すこしねむるといいよと、ささやく。

羽化

羽化

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-25

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND