自由律句 12

西川 真周

自由律句 12


みうらじゅんが言ってたよそれ


駅舎からユーミンが聞こえる


猫を散歩さすおばちゃん潜在的犬派


上司におっぱい揉まれる夢みたおっぱいないけど


みんな子宮出身


きみはたぶん中ボスくらい


ポイントカードだけ出す女


その絵はよく見ると一筆書きだった


戦隊ロボのシャンプーボトルがおもちゃの一軍


年のわりにジーンズが細い


黙っていると低い冷蔵庫が唸った


昔の夜みたいに暗い今の家

自由律句 12

自由律句 12

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted