⬛︎朗読詩「夜の翼」

にょすけ

 
数センチの隙間から見る世界は、私にとって
とても、それは、とても薄明のような光景で
時折過ぎてゆく、子ども達の声が不思議と、
風船を飲み込んだようなこの喉に響くのだ。
 
枕元には、しばらく漂っていた私の咳が
しぼんだままの身体で着地している

そうして、そいつを撫でることで
私はようやく思い出すのだ


 * *
 
 
庭の鯉は手を二回叩くと顔をみせるよ
 
あの大きな桜の木のしたには、ミイコが眠っているから絶対に切っちゃだめ

私の痰壺は洗わなくていいよ

あなたまで、夜の翼になってしまったら
私、いやだもの
 
 
 * * *
 
 
硬くなっていく指先のそのさきで、
秋口のにおいをそのままに鶴を折ることも
いまはただ難しい。
 
遠いところから聞こえていたリコーダーの音色も
いまではもっと遠いところから聞こえる
夜汽車の汽笛ほどにもならない
 
私のからだを摩るひとはいない
 
ただ、かわりに私がやつのからだを撫でている。
 
焼ける。
 
 
 *
 
 
数センチの隙間から見る世界は、私にとって
とても、それは、とても薄明のような光景で
時折過ぎてゆく、子ども達の声が不思議と、
風船を飲み込んだようなこの喉に響くのだ。
 
枕元には、しばらく漂っていた私の咳が
しぼんだままの身体で着地している

そうして、そいつを撫でることで
私はようやく思い出すのだ


あしたの午後にはきっとあめが降ることも

ふすまのほんのすきまから

見えるただすこしの雲で

わかるのだから。


枕元には、しばらく漂っていた私の咳が
しぼんだままの身体で着地している
 
 
私の痰壺は、洗わなくていいよ。
 
 
 
 
私が夜にとけるまでは。
 
 

⬛︎朗読詩「夜の翼」

⬛︎朗読詩「夜の翼」

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted