フェイト・ルーン・グラン・デュオ




いつもの喧噪が今日は静かで
見慣れない街は肌寒い
歩いてきた道が分かる様にと
積雪(せきせつ)の上、付けた足跡が消えている


何処(どこ)まで来たのだろう
嵐吹く 海の上でひとりぼっちだった

迷ってる僕を見付けた
君は何処から来たの


Fate(フェイト) 貪る(むさぼる)だけの現世(うつしよ)では
喋りだす 秘密 その意味すらを失う
嗚呼、良く耐えた この無機質な時間の中で
僅か(ゼロ)センチのグラン・デュオ
願い届かない裏側をなぞった
名称(なまえ)の分からない特異点(とくいてん)をどうか許して



一切の夕焼けが映らない空に
満たされない 言葉が一つ
肩に積もり始めた雪すら
払わずにはいられないほど


何処から来たんだろう
風が荒れる 永遠を彷徨(さまよ)った僕の船に

そっと乗り込んだ君は
一体何をしに来たの


Fate 分かり合えないレプリカを
壊し 再生する 短い時の流れを知り
ねぇ、側に来て欲しい 僕らが別れを()うなら
見たことのない景色が見たい
戦火の惑星を塗り替える
邪悪だと散った 英雄の名を忘れた今では…


(さえぎ)れない鏡からの転送は
目的を伝えたあの時のままだ

陽射しが屈折(くっせつ)して
僕に届くまでの瞬間
君に渡した口付け ね え お ぼ え て る ?



Fate 貪るだけの現世では
喋りだす 秘密 その意味すらを失う
嗚呼、良く耐えた この無機質な時間の中で
僅か零センチのグラン・デュオ
願い届かない裏側をなぞった

Flow of fate 分かり合えたレプリカは
壊れ 直されて 命の軽さを届ける
ねぇ、大好きになれたばかりなのに
息遣いが激しく 僕らの音を鳴らしてる
答えの分からない特異点をどうか許して

君の名を忘れた今の僕…では…




ルーン/答えが知りたい
ルーン/書き記した連想(れんそう)
ルーン/この言葉で報せよう
フェイト・ルーン・グラン・デュオ 嗚呼、音こそが至高

フェイト・ルーン・グラン・デュオ

フェイト・ルーン・グラン・デュオ

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted