親指エレジー

コブシ

親指エレジー


今から数年前、私は生活費のために、某全国チェーンのマッサージ屋で働いていた。

日中は自分の仕事をし、夜間だけ割のいいバイトを探していた。

時給は1800円。

しかし、完全歩合制。

お客さんは、60分2980円(税抜き)を店に支払う。

その内の1800円が自分の取り分。

60分3000円とは、昔の相場からいうと半値。

しかし、生活の為には、やるしかない!

私の住んでいる近所で、新しくオープンするという店で働き始めた。

面接に行く為、問い合わせてみると、驚いた事に履歴書はいらないらしい。

ただ、講習があるとの事だった。

しかし、経験者は技量に応じて免除してくれるとの事だった。

当時、私はカイロプラクティックの治療院を14年やっていた。

自分の治療院が流行っていたら、マッサージ屋なんかでは働かない。

流行らないという事は、飯が食っていけないという事だ。

では、何故、14年も続けているのか?

話すと長くなるので、また、後ほど。

新しい店舗に面接に行くと、ベテランの女性社員の方が、数人の人間に講習中だった。

その女性社員は、入ってきた私を、頭のテッペンから足のつま先まで、舐めるように値踏みしたような目付きで無表情で見ていた。

これが履歴書の変わりなのだろう。

面接が始まり、私の経歴を聞いてきた。

「ここは経験者よりも、まったくの初心者の比率が高いのよ。」

その女性社員は、相変わらず無表情だった。

「それと!絶対に矯正はしないでください!」

その女性社員は、初めて無表情から威圧するような顔で私に言った。

聞けば、矯正を入れてトラブルになるケースが、多々あるらしい。

「じゃあ、ちょっと施術してみて。」

カイロプラクティックには、一応“ほぐし”という矯正する前に筋肉を緩める技術がある。

それが果たして、マッサージ屋でいいのかわからなかったけれど、今の自分にはそれしかないので、やってみた。

30分くらいやっただろうか。

通常だったら、20分くらいしかしないけれど、このマッサージ屋では、基本的に60分が主体なので、長めにやってみた。

「まぁ、一応、合格ですけど・・・。」

(ですけど・・・、な、何やねん。)

私は何かやらかしたかと、不安になった。

「今、少し矯正入れましたね!」

(へ?ぜんっぜん入れてないけど・・・。)

私はあれだけ、語気強く言われたので、細心の注意をしてやっていた。

「い、いや、入れてませんけど・・・。」

「まぁ、いいわ。とにかく、絶対に矯正はしないでください!」

って、どんだけ矯正にナーバスになってんねん!(笑)

この店には、マッサージの他に足ツボのコースもあった。

足ツボはやったことがなかったので、数時間講習を受ける事になった。

ツボの場所と、どの臓器に関係しているかを覚えてしまえば、何て事なかった。

足ツボは実戦経験がない為、嫁さんに実験台になってもらった。

すぐにコツがわかり、「うん、これなら金とれるんちゃう。」と、嫁さんからもお墨付きをもらった。

そして、いよいよマッサージ師・・・いや、法律上では、マッサージといってはいけないらしい。

リラクゼーションセラピストとして、デビューする事になった。

親指エレジー

親指エレジー

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted