上峰子

心象と印象。

10月自選句

午後3時。砂子のような光をちりちり舞わせながら、陽は、かたむいていった。もう冬も近い。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

おんしょう。

要するに、没句。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted