*星空文庫

宮田賢人

宮田賢人

はじめまして。

誰かの心に残る物語を書けたらいいなと思っております。

フィンブルの冬

ある日、和輝と瑠璃香が迷い込んだ見渡す限りの銀世界。 その世界に『第二極小期』――寒さと闇の時代――が訪れることを知らされる二人。その危機を乗り越えるために必要な『オレイカルコス』――幻の石――とは? そして、二人は元の世界に戻れるのか……? 大自然の脅威と神秘に向き合う人々の姿を描いた青春SFアドベンチャー。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 冒険
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-05-04

小さく冷たい手

成人式を迎えた蓮也は、小学生からの幼なじみの莉子と一年ぶりの再会を果たした。 すっかり垢抜け大人びた莉子を見た蓮也の胸に一つの疑問が浮かんだ。「あれから莉子に彼氏はできたのだろうか」。 莉子との束の間の時間を過ごす中、二人に芽生えた想いとは……。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-05-23

エメラルド色の夢

小学五年生の千夏は夏休みに家族とサイパン――日本から遠く南にある常夏の島――に一週間の旅行をした。タイ料理やスキューバダイビングを楽しんだ最初の三日間だったが、四日目に父が北にある岬に行こうと言った。岬に着いた千夏は父から、崖沿いに並んである墓が八十年前の太平洋戦争で亡くなった日本人によるものだと知った。その日の夜、千夏は、父と夜光虫を見に宿泊先のホテルの近くの浜辺に行った。その波打ち際で、チャモロ人の女の子と出会った千夏がその夜見た不思議な夢とは――。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-06-11