*星空文庫

N村Kタロウ

N村Kタロウ

小説や短歌のようなものを書いています。

小説や短歌のようなものを書いています。
現在は小説「砂委員」( http://slib.net/68415 )を連載中です。
ほんのお目汚しですが、お気軽にご感想を頂戴できればうれしいです。
ご意見ご感想等がおありでしたら、交流用掲示板「星の門」へ、あるいはツイッターへ、お気軽にお寄せください。

・星の門 http://hashidateamano.bbs.fc2.com/
・N村Kタロウ氏の休暇(ブログ) http://nakamu1973.hatenablog.com/
・twitter (通常) https://twitter.com/KetaroNakamura1
・teitter (短歌のようなものbot) https://twitter.com/NK172

砂委員

何度も来る砂嵐。埋もれてゆく街。香穂と砂委員のお話です。 10章、11章をアップしました。(2018年2月14日)

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-09

0519-0705 和歌のようなもの48首

2018年5月19日から7月5日までの間、診断メーカー「題詠ったー2」( https://shindanmaker.com/186125 )を利用して、一日一首ずつ、和歌のようなものを作りました。期間は決めていたわけではなく、豪雨で電車が止まってバタバタしていた7月6日についうっかり忘れてしまったのを機に終了しました。48首でした。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-07-15

半透明少女

ダイニングキッチンのテーブルの上に、それはあった。 日曜の明け方、まだ薄暗いうちに不意に目覚めて、水でも飲もうと寝室を出てきたときにみつけた。 少女だった。身長はビール瓶ぐらいで、テーブルの上に仰向けに横たわっていた。 (登竜門での自然発生的イベント「少女祭り」に参加した作品です)

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-08-20

The happy end of the world

世界がもうすぐ終わろうとしていたころの、ある日の出来事。掌編小説です。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-08-26

猫も興奮

高学歴(?)フリーターの主人公と、学習塾のアルバイトで知り合った「しずか先生」の、ある意味直球の、僕なりのラブストーリーです。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-02-06

元素詠118首

1日1首、短歌のようなものを作るということをしていました。 せっかくなのでなにか体系的なものを、と考えて、世界のぜんぶを含む体系、つまり、世界のすべてを構成する118種の元素を題材にしました。 ふつうに詠んでもつまらないので、「彼女」が詠んで、ぼくが書くことにしました。 内容は、元素名にちなむもの、性質や利用方法にちなむもの、折句、単なるダジャレなどさまざまです。 (2017年6月5日、「第7周期・補足(2016年に名称が決定した4元素)」を追加)

  • 韻文詩
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2016-11-13

めがねうた100首

短歌のようなものを詠んでみよう、毎日一首詠んでみよう、と思って、 『題詠ったー』 ( https://shindanmaker.com/134995 )さんがランダムに繰り出してくるお題で作ってみることにしました。 ただお題だけで一貫性が無いとつまらないので、「眼鏡」をテーマにするという縛りをかけました。 眼鏡に関する言葉やテーマを必ず含むようにして100首、眼鏡歌今夜も口ずさむ、というわけです。

  • 韻文詩
  • 短編
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2016-11-13

短歌のようなもの60首

自作の短歌のようなものを、ジャンル別に60首並べました。 詠題があるものについては、『題詠ったー』 ( https://shindanmaker.com/134995 )さんからのご提供です。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2016-11-19

菅原の市

イングランド民謡「スカボロー・フェア」を和風に翻案しました。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2016-11-13

夜走る

「よせよ、僕らの間で『殺人』だなんて。殺すつもりじゃなかったのは君だって分かってるんだろ?」 「あなたいつもそうなんだから、まったく」彼女はため息を吐く。 二人の女性との、夜のドライブの話。

  • 小説
  • 短編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-14