珀依 愁

真実を知りたいけれど途端に無意味。裏と表を頭の片隅に、置いている。けれどやっぱり君という概念が知りたい。余すことなく君を噛み、言葉に分解する。そうして無意味な終わりにしたい。

花を食べる 前編

天使と天使の会話から始まる痛々しくも人間みたいな天使のお話。前編。食人、性的表現あり。

  • 小説
  • 短編
  • 青年向け
  • Copyrighted

花を食べる 後編

天使と天使の会話から始まる痛々しくも人間みたいな天使のお話。後編。食人、性的表現あり。

  • 小説
  • 短編
  • 青年向け
  • Copyrighted

花を摘む

ねむりたいあの子とねむらせたいこの子 軽い性的描写有り

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 青年向け
  • Copyrighted