破滅的ふたりぼっち

あおい はる

 壊れてゆくものを、ただ傍観している、真夜中の波打つシーツは、つめたい。
 きみの、おおきなからだが早く、ぼくを、おしつぶしてほしいと祈りながら、星の儚さを嘆く。海は枯れて、大地は腐り、都会は荒廃し、崩壊を待つあいだに、ぼくときみが、粛々と執り行うものに愛はあって、愛だけがあって、未来はないのだと、夢のなかで神さまが囁く。ぼくは、きみの体温に包まれて、安らかに眠ることができれば、他にはなにもいらないと思う。軋むベッド。きみの吐く息は生温かく、ぼくの視界には、きみしかいない。鋭い爪が加減をあやまって、ぼくの皮膚を突き破るかもしれないという想像に身震いがして、それでも、きみに、ぐちゃぐちゃにされたい。星の悲鳴がきこえる、午前二時。

破滅的ふたりぼっち

破滅的ふたりぼっち

  • 小説
  • 掌編
  • 青年向け
更新日
登録日

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND