夜道と鍋と

老婆心温

風が冷たい夜の道なり
襟を立てて早歩きする

通りの家で見る灯りに
我が家からの湯気感じ

鍋の具材と家族の笑顔
思う気持ちが寒さ避け

どんな辛い日の疲れも
鍋を囲む癒しの空間に

ホフホフ熱さに温まり
明日を生き抜く力へと

夜道と鍋と

夜道と鍋と

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-03-26

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted