ミナト螢

使い捨てカイロを落としていく
それは伝えられなかった言葉
それは多く貰い過ぎた釣り銭
行き場のないものを踏み締めるのが
過去だと思って歩いて来たから
足跡はやがて発火するだろう
古いかさぶたを剥がすように
触れたら痛くて舐めたら熱い
その赤い傷跡が道になる
まるで生乾きの太陽だね
まるで自転車のブレーキだね
溶け出すチョコレートに
白い包帯を巻いて登った
未来は舗装された道の前で
縄跳びを回そうと決めて
ゴールテープみたいに
端を持つ人を探しに行こう

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-02-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted