白紙のラブレター

渡逢 遥

(こえ)仄白(ほのじろ)い蒸気に変わり

そらの(あかね)はけざやかです

両手で組まれたかまくらに

千種(ちぐさ)の想いを吹き込んで

ぱっとそれらを吸い込むと

口腔内には新たな生命(いのち)が咲き乱れます

ひとつになった想いです

張り巡らされた乾湿の

ぐらつく軌跡をしずかに辿り

(やわら)ぎを経て穏やかです

そらと双子の茜です

しとしととひとりないていました

きのうのあなたを想います

しんしんとふたりわらいあう

いまのわたしたちが世界です

白紙のラブレター

白紙のラブレター

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-01-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted